代理店との契約をオンライン上で行う方法

 

多くの企業が代理店展開でつまづいているのが「契約締結」である。

正確にいえば、契約締結に時間をかけ過ぎているために、研修やフォローなど、
もっと重要な業務に時間を避けていない。

せっかく代理店に「契約したい」といわれたのに、契約書の見本をメールでして、
確認、製本、押印、郵送、とやっていると1~2週間かかる。

しかもミスや条項の訂正依頼があれば、さらに数日かかり、
そのうち代理店の熱も冷めてしまう。

ある上場企業を支援していた時に、Word形式の契約書をメールで送って、
直してもらって製本している、という場面に直面した。

これは非常に問題で、勝手に条文を修正されていた、
(あるいは誤操作で)なんてことがあれば、その後が大変である。

契約書上の問題よりも、もっと大事なのは、
契約締結の遅延による営業活動の遅れだ。

当協会では、契約締結も重要だが「初回の研修日の設定」をもっと重要視している。

初回研修日が決まれば、何月にいくらの売上が立つ、ということが
本部も代理店も分かるからだ。

これを、契約が無事に締結できたら研修日を決める、
とモタモタしていたらいつまで経っても売上にならない。

 

関連記事

おすすめ記事

  1. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  2. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  3. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  4. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  5. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…

ピックアップ記事

  1. 代理店に思うように販売してもらえない場合は次のような原因が考えられます。 1.売り方を教えていない…
  2. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

最近の投稿

  1. せっかく代理店やフランチャイズの候補者が申込をしてくださっても「加盟金」などの資金不足で断念せざるを…
  2. 代理店やフランチャイズ展開をする企業の多くは、細部の設定にこだわる。 ・加盟金 ・研修費 …
  3. 代理店本部の方の多くは「相手は販売のプロだから、あまり余計な話をしない方が良い」と考えています。 …
ページ上部へ戻る