代理店本部の仕事はルーティンとイレギュラーの組み合わせ

 

代理店本部の獲得にはルーティン・ワークが必要です。
資料作り、リスト収集、広告出稿、電話、事業説明会、契約など。

ルーティンの中にも毎日行う電話のようなものから、月に1回開催する事業説明会などまであります。
月に数回しか行わない業務は長い期間で見て、そして何度か経験してから、ルーティンだと感じるようになります。

一方で、突発的な仕事という意味で使う、イレギュラーな仕事もあります。
展示会への出展、取材対応、代理店からのクレーム対応、など。
これらも本部によってはルーティンと呼べるほど多数経験している場合もあるでしょう。

本部で一番大切なことは、ルーティンをきちんとこなす、ことです。

例えば、毎日でフォローしなければいけないのに、イレギュラーの仕事が入ったり、気分が乗らなかったりしてスキップしてしまう。
タスクが翌日に繰り越されれば、結果(数字)もどんどん遅くなります。

これはルーティン、これはイレギュラー、と日常の中で区別することは難しいかも知れませんが、ルーティンをスケジュールに落としておくことはできます。
その他、本部運営に役立ついくつかの方法をお伝えします。

・時間割表をつくる
曜日/時間で何をするか決めておけば、今週は面談が多かったのでルーティンワークが全くできなかった、という失敗がなくなります。

・タスクを毎日少しずつに
ルーティンにするには、経験が必要です。初め1時間かかっていた仕事も、45分、30分、と効率的にできるようになります。
貯めてしまって結局今月はやらなかった、という仕事があれば、細かく分け、毎週、あるいは毎日少しずつやれば、ルーティンでできるようになります。

・計測する
毎日電話をかけるのは、人によって苦痛な仕事です。断られる、という痛みから避けたい思いがどこかに働きます。
毎日1時間は電話をすると計測するようにすれば、目先を変えることができます。
はじめは苦痛な1時間でも、次第になれていき、来月からは2時間に変更しよう、というレベルアップも望めます。

・競う/報告する
自分ひとりでは継続できないことも、誰かと競いあったり、報告する義務が生じるとできるようになります。
やり方は一人一人異なっても良いと思います。マネージメントをされた方がいいという人も、のびのびやった方が成果がでるという人もいます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  2. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  3. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  4. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  5. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…

ピックアップ記事

  1. 最近、ご支援させていただいている中で、気づいたことがあります。 それは、、、 本部が「代理店…
  2. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…

最近の投稿

  1. 代理店やフランチャイズ展開をする企業の多くは、細部の設定にこだわる。 ・加盟金 ・研修費 …
  2. 代理店本部の方の多くは「相手は販売のプロだから、あまり余計な話をしない方が良い」と考えています。 …
  3. スタッフが代理店を教育するには、スタッフに高い能力が必要だ。 そもそもそうしたスタッフが育っていな…
ページ上部へ戻る