代理店・フランチャイズの加盟条件に段階をつける

貴社では、加盟の種類をいくつ設けていますか?

代理店やフランチャイズの仕組みを考える時に、1パターンしか用意していないことがあります。
あるいは2つ、3つと用意してあっても、その差が明確でない場合があります。
差が明確であることが重要ではなく、それぞれが魅力的かどうかに焦点を当てることが必要です。

「うまい!」と思わせるのは、契約や報酬受け取りの期間に差を設けているパターンです。

初期費用・加盟金や、卸価格・報酬額(率)の多い少ないに差をつけるのはもちろん。
期間に関して差を設けられると、選ぶ方も本気になります。

選ぶ側の立場に立ってこの点を見てみましょう。

「加盟金はできるだけ少ない方がいい」
「手元資金からすると30万円のコースを選びたい」
「でも300万円のコースの方が断然お得、借入してでもこちらを選ぼうか」

このように思ってもらえるような差がついていると「うまい!」と感じます。

ここでお伝えしたいのは、小手先のテクニックではなく「どうしたら本気でウチの事業に目を向けてくれるか」です。
本気でやりたい、という意思を持ってもらえれば、そこから先は本部が手伝ってあげるだけで必然的に成功していきます。
これが分かっていないと、他社の制度をそのままコピーして「うまくいかない」と悩むことになります。

候補者(社)は一大決心をして、貴社のビジネスに取り組もうとしているのですから、どれだけ真剣に相手の成功を考えてあげているかが、制度構築の成功の秘訣といえます。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  2. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  3. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  4. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  5. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…

ピックアップ記事

  1. 法人相手の場合は、パワーポイント形式の資料でも大丈夫です。 ただし、個人相手の商材の場合はパンフレ…
  2. 代理店が増えない。フランチャイジーが増えない。 原因の一つには、情報不足があります。 本部側…

最近の投稿

  1. 代理店候補者との初面談の際、どのような話をすればいいでしょうか? 1.会社案内 2.商品/サ…
  2. 1.市場規模・推移 カフェ市場を喫茶店の市場と捉えると、2016年の市場規模は、1兆1,175億円…
  3. もし代理店・フランチャイズの開発に行き詰まりを感じていたら、お薦めしたい方法があります。 それ…
ページ上部へ戻る