代理店との面談時に使用する「セールスタイムライン」を作ろう

代理店候補者との初面談の際、どのような話をすればいいでしょうか?

1.会社案内
2.商品/サービス説明
3.募集条件

これくらいはお話していると思いますが、実は足りていません。

代理店の立場に立つと「どうやって売るの?」がイメージできていない状態です。
上記に加えていただきたいのは

4.顧客の導入事例
5.営業方法
6.他の代理店の事例

さらに
いつ、何をして、どう変わっていくのか、をイメージしてもらうために

7.研修内容
8.参加できる研修日時
9.セールスのスタート方法
10.一日の流れ
11.本部のフォロー
12.初めての契約
13.初めての入金

ここまでイメージできれば、あとは事務的な方法をお伝えすれば万全です。

14.契約方法

なお、5.営業方法については、セールスタイムラインがあると便利です。
テンプレートをご用意しましたので、以下のリンクよりダウンロードください。

セールスタイムラインとは、営業の流れを明文化したものです。
電話営業をする時に何を話す、面談時はこの資料を使う、などを記載しておきます。
詳細は代理店契約後に研修等で説明した方が良いので、ここでは代理店契約をする前に「セールスシーンを明確にイメージ」してもらうことが目的です。

セールスタイムライン(テンプレート)

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  2. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  3. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  4. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  5. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…

ピックアップ記事

  1. 収入印紙を貼らないというのは法律に違反しますのでNGです。 通常は以下のいずれかの方法を取りま…
  2. 代理店がこれまで同じような業種業態の事業を行っていたとしても、メーカーとしてはすべて教えるべきです。…

最近の投稿

  1. 代理店候補者との初面談の際、どのような話をすればいいでしょうか? 1.会社案内 2.商品/サ…
  2. 1.市場規模・推移 カフェ市場を喫茶店の市場と捉えると、2016年の市場規模は、1兆1,175億円…
  3. もし代理店・フランチャイズの開発に行き詰まりを感じていたら、お薦めしたい方法があります。 それ…
ページ上部へ戻る