要注意リストが更新されました

2018-7-2

日本代理店協会公式ホームページにて、トラブル報告・注意喚起をご紹介した要注意リストが更新されましたのでご案内いたします。
本部の皆様の影響範囲は、代理店・加盟店のみならず、その先の取引先や社員、ご家族など、想像以上に大きいことをご認識ください。

このようなリストに載らないよう、代理店・加盟店様、その他各所への対応は真摯に行うことが重要です。
特にトップが高い意識を持っていても、担当者レベルでは対応がおざなりになってしまうことが少なくありませんので注意が必要です。

なお当協会が公表する目的はトラブル報告・注意喚起のみです。
問題解決は当事者間で行っていただきますようお願いいたします。

http://j-dma.org/trouble

おすすめ記事

  1. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  2. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  3. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  4. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  5. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…

ピックアップ記事

  1. 代理店マーケティングを進めていくと、代理店さんから多くの要望を受けます。 その全てに応えていては事…
  2. 見込や、提案中、契約、NG、などリストを共有したいという要望が代理店から上がります。 当協会ではケ…

最近の投稿

  1. せっかく代理店やフランチャイズの候補者が申込をしてくださっても「加盟金」などの資金不足で断念せざるを…
  2. 代理店やフランチャイズ展開をする企業の多くは、細部の設定にこだわる。 ・加盟金 ・研修費 …
  3. 代理店本部の方の多くは「相手は販売のプロだから、あまり余計な話をしない方が良い」と考えています。 …
ページ上部へ戻る