期待値を示す、モデル代理店のすすめ

 

代理店が増えない。フランチャイジーが増えない。
原因の一つには、情報不足があります。

本部側は豊富な情報を持っていても、候補者に伝えきることは難しい。
業務内容や契約条件、収益シミュレーションについては話し合っても、重要なことを伝え忘れています。
それが「期待値」あるいは「モデル代理店」です。

正確に伝えるには「数字」を使うことがポイント。
数字を「X時間稼働すればY件の新規面談ができ、Z円の売上が見込めます」のXYZに当てはめます。

すると、候補者は次のいずれかの反応をします。
・X時間稼働できそうだ → 前提条件をクリア
・X時間も稼働できない → 加盟を辞退
・Y件以上獲得できそう → 成果に自信
・Y件獲得できる自信がない → 研修内容を検証
・Z円の売上が欲しい → 加盟に前向き
・Z円の売上では足りない → 加盟を辞退あるいは売り方を検証

もしこの数字を話し合わずに加盟してしまうと、
・こんなに稼働しなければいけないなんて知らなかった
・売上が全然見込みと違う(足りない)
など、食い違いが発生します。

初めから「期待値」や「モデル代理店」を示しておけば、双方の意識を近づけておくことができます。
これにより、見込み違いの代理店獲得や、代理店側の勘違い、を防ぐことができます。

関連記事

おすすめ記事

  1. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  2. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  3. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  4. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  5. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…

ピックアップ記事

  1. 貴社では、加盟の種類をいくつ設けていますか? 代理店やフランチャイズの仕組みを考える時に、1パ…
  2. メーカー、販売会社、営業会社の3社で事業を進めていて、合同会社を設立。 この場合にお客様への信用問…

最近の投稿

  1. せっかく代理店やフランチャイズの候補者が申込をしてくださっても「加盟金」などの資金不足で断念せざるを…
  2. 代理店やフランチャイズ展開をする企業の多くは、細部の設定にこだわる。 ・加盟金 ・研修費 …
  3. 代理店本部の方の多くは「相手は販売のプロだから、あまり余計な話をしない方が良い」と考えています。 …
ページ上部へ戻る