成功事例:淡路島カレー(株式会社ビープラウド)

 

約2年間で加盟店を全国150店舗以上増やしてきた「淡路島カレー」。その成功の秘密とは・・・?
誰もが知りたい事業拡大の鍵を事例を通じて学びます。
 
成功事例:淡路島カレー
「カレーを売らない」 事業拡大の秘密は理念とビジョン
 
もくじ
Ⅰ 全国に150店舗 「淡路島カレー」とは
Ⅱ 成功までの軌跡
Ⅲ 成功の秘密
Ⅳ カレーを売らない
Ⅴ 課題を解決する
Ⅵ 徹底的に教育する
Ⅶ まとめ

 カレー店ではないバーなどの飲食店に、淡路島で作ったカレーのルーを卸していく。店頭には「淡路島カレー」ののぼりがはためく。代理店とフランチャイズの良い点をミックスしたような新しいライセンスビジネスが全国に広がっています。
 淡路島カレーとは、瀬戸内海の自然に恵まれた淡路島で丹精込めて育てられた玉ねぎに9種類のフルーツを加えた「甘み」と、鶏がら・デミグラスソースによる「コク」、そしてブレンドされたスパイスによる「辛さ」を味わうことができるカレーです。
 前述したように、カレーを扱っていないお店が加盟店になっていただきライセンスを付与。加盟店にはカレーのルーを卸していくだけでなく、収益が取れる店舗作りの支援をするというビジネスモデルで事業を拡大してきたのが淡路島カレーです。
 約2年間で加盟店を150店舗以上獲得しているこの人気のビジネスを仕掛けているのは株式会社ビープラウド。今回は、代表取締役の大山社長に事業拡大の成功の秘密について伺いました…..

全文のダウンロードはこちら
成功事例:淡路島カレー(株式会社ビープラウド)

関連記事

おすすめ記事

  1. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  2. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  3. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  4. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  5. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…

ピックアップ記事

  1. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  2. 不況と言われる飲食業界において、活気を見せるカキ業界。その立役者が「日本オイスター協…

最近の投稿

  1. スタッフが代理店を教育するには、スタッフに高い能力が必要だ。 そもそもそうしたスタッフが育っていな…
  2. 多くの企業が代理店展開でつまづいているのが「契約締結」である。 正確にいえば…
  3. 表面的に良い、悪い、を判断していると、振り返ってみて何の成果も上がっていないことがある。 それは、…
ページ上部へ戻る