インタビュー記事「オリックス生命保険様」

 
全国に8,000を超える代理店数を誇るオリックス生命保険株式会社様(以下、オリックス生命)。
今もなお増え続ける代理店数に日本代理店協会(以下、JDA)では成功の秘密を探るべくインタビューを敢行。営業教育部長の関口様、プロジェクト営業部長の松岡様にご協力いただきその秘密に迫りました。

 

成功の鍵は商品開発!

JDA)代理店さんが増えていらっしゃる要因は何と分析されていらっしゃいますか?

オリックス生命)商品にあると考えます。
当社は、10年前にリテールへシフトをしました。その当時が3,000の代理店数。2005年に保障系商品へ営業方針を変更しました。その後、キュアというヒット商品が生まれました。このことにより8,000を越える代理店数となっております。
その後来店型ショップの流れになり、順調に代理店数を伸ばしております。

JDA)それは凄いですね。その前の3,000代理店にするまでは如何でしたか?

オリックス生命)いや、それは大変でした。なかなか代理店が増えない。当時は教育体制が今ほど充分ではなかったので、既に代理店として成熟した営業活動をやっているところへ、乗り合い保険会社の追加としてオリックス生命を勧めに行きました。それを基盤に3,000まで増やしました。そこにキュアというヒット商品が出たことにより、一気に伸びたわけです。商品戦略の勝利だと考えています。

代理店数を押し上げる要因となったヒット商品「キュア」
7大生活習慣病や先端医療をカバー。最大の特長はお客様目線に立った徹底的なコスト削減による「お手軽な保険料」。高い商品力はお客様に選ばれるだけでなく代理店を獲得していく強力な武器に。
(⇒医療保険キュアの商品紹介ページはこちら

 

商品戦略の勝利の鍵は!

JDA)キュアのヒットは凄いですね!では、その商品戦略はどこから出てくるのでしょうか?

オリックス生命)オリックス生命の取り組み姿勢にあると考えます。
オリックス生命は保障系の商品を多く取り扱っています。これは、代理店が一回契約したら、はいさようなら、ではなく、ずっと付き合ってくれる商品を増やそう、代理店が通えるような商品にしようという考え方を持っています。ですから、手数料永年支払いの商品などがあります。保険業界では珍しいです。
これは【保険会社は、保険金を払うことが仕事】という保険会社として当たり前の社会的使命がこの商品開発につながります。

JDA)なるほど、その当たり前の姿勢が素晴らしいですね。それがキュアのヒットまでつながるわけですね。

オリックス生命)その通りです。弊社の取り組み姿勢を聞かれ、代理店になって頂いた方も数多くいらっしゃいます。保全面でも、一定条件のもと、加入している保険以外の保険で保障を健康状態に拘わらず、継続できる制度もあります。定期保険から定期保険への変更などが実質できるのは弊社の強みと言えます。

 

代理店の増やし方

JDA)そのほかに代理店を増やす方法などはどのようにやっていらっしゃいますか?

オリックス生命)そうですね。共同募集などをしていただくケースも多くあります。
異業種の代理店とスキルの高いプロ代理店をくっつけ、連携してもらう。例えば自動車ディーラー。ここに、保険プロ代理店二社を紹介した。そのうち、1社と組んで共同募集をやることとなりました。とにかくコストダウンを得意とする保険プロ代理店が採用されました。
自動車ディーラー側は保険の見直しで、家計の負担が軽減されると、車を買いやすくなる。さらに、保険の手数料により収益にもなる。かつ、保険商品のクロージングはプロ代理店にお任せする。このパターンは大変うまく行っています。

JDA)それは秀逸な策ですね。コラボ代理店みたいなパターンですね。

 

代理店啓蒙策は?

JDA)代理店のモチベーションアップや教育などはどうされていらっしゃいますか?

オリックス生命)代理店会などを支社ごと、地域ごとに行なっています。毎月開催しているところもあります。新商品発売時、新年会以外でも、講師を呼んで行なったりしています。テーマは様々です。税金についてや、営業手法についてなど。集まるのは、少なくて50人、多いと180人くらい集まります。代理店の皆様はお一人でやっているケースもあり、新しい情報を求める要望は多いです。開催時間は10時~、15時~等。懇親会など行わず、あくまで実利が伴う内容で行なっています。それが特徴とも言えます。企画は支社ごとに立てています。それが、啓蒙活動の一環とも言えます。

JDA)教育も、がんばっていらっしゃるのですね。

オリックス生命)そうですね。でも、悩みも、多いです。我々の悩みは社員教育、代理店教育です。これはずっとあるのかもしれませんが・・・。

JDA)そうですね。他社代理店本部でも、同様かもしれません。本日は様々なお話、ありがとうございました。是非、ご活躍下さい!最後に何か一言ございましたら!是非!

オリックス生命)こちらこそ、ありがとうございました!企業も個人もお手頃でしっかりした保障で、最後までサポートしてもらえることを望む時代になってきました。オリックス生命にとっては追い風。是非多くの保険代理店様、チャネルをお持ちの企業様に、当社商品を扱って頂ければ幸いです。本日は、ありがとうございました。
 

オリックス生命では代理店向け情報誌や勉強会・研修、査定の進捗確認や営業活動を支えるシステムのほか、土日も対応する代理店専用ヘルプデスクを設け、代理店様の成功をサポートしております。
 
 
<会社プロフィール>
会社名: オリックス生命保険株式会社
所在地: 〒107-8480 東京都港区赤坂2-3-5 赤坂スターゲートプラザ
代表者: 代表取締役会長兼社長 水盛五実
資本金: 400億円
従業員数: 758名(2013年3月末)
ホームページ: http://www.orix.co.jp/
代理店募集サイト: http://www.orixlife-ag.com/
 

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  2. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  3. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  4. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  5. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…

ピックアップ記事

  1. 代理店に思うように販売してもらえない場合は次のような原因が考えられます。 1.売り方を教えていない…
  2. もし代理店・フランチャイズの開発に行き詰まりを感じていたら、お薦めしたい方法があります。 それ…

最近の投稿

  1. 表面的に良い、悪い、を判断していると、振り返ってみて何の成果も上がっていないことがある。 それは、…
  2. ある本部の方からこんな相談がありました。「応募者の質があまりにも悪いので、募集をやめようと思う」 …
  3. 最近、ご支援させていただいている中で、気づいたことがあります。 それは、、、 本部が「代理店…
ページ上部へ戻る