松下幸之助も着目した! 起死回生の販売システム

1.代理店という制度のはじまり
世界で最も古い販売代理店は、1800年代のイギリスで、新聞の広告枠を売る広告代理店業だと言われています。また、ほぼ同時期の1840年代には、アメリカのフィラデルフィアに広告代理店が登場し、1860年初頭には、すでに20以上の広告代理店がニューヨークに存在しいていたとも言われています。
代理店制度は、販促費をかけずに自社商品を急速に広範囲へ販売することが可能な制度として注目され、その後、保険代理店や旅行代理店、その他の代理店が数多く登場してくることになります。

2.松下電器の特約店(ナショナルショップ)の登場
日本で物販においてこの制度にいち早く着目したのは、松下幸之助でした。彼は、大阪府下での商売が軌道に乗ったところで、他都市への進出を考えました。しかし、遠方の他都市に対しても、大阪と同様の方法で商売をしていくのは、人手や資金の面で得策でないと判断し、1923年(大正12年)、販売代理店制度を取り入れることにしました。代理店には、一定区域内で松下商品を販売する権利を与え、代理店の募集は新聞広告を介して行いました。その結果、商圏は、大阪から京都、奈良、そして名古屋へと広がっていき、やがて全国に松下電器の特約店(ナショナルショップ)ができ、広大な国内マーケットをおさえるに至りました。

3.本部側も加盟店側も取り組みやすい代理店制度
日本の代理店制度の歴史は古く、日本に最初のフランチャイズ・チェーンが登場する1963年(7月:ダスキン愛の店、同年10月:不二家:洋菓子店)の40年も前の出来事でした。代理店制度が、これほど早くから着目され、優れた販路拡大手法として広く用いられてきた理由としては、やはり、フランチャイズ・チェーンに比べて、本部側も加盟店側も小資本で事業展開できるという点を挙げることができるでしょう。
小資本とはいえ、上の例を見てもわかるように、その効果は絶大です。自社のみでの販売体制では限界を感じていらっしゃる経営者様も多いことかと存じます。その場合、まずは、取り組みやすい代理店制度の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

文責:WizBiz株式会社 http://wizbiz.jp/

<お知らせ>
日本最大級のビジネスマッチングサイトの運営会社である
WizBiz株式会社は、下記のとおり経営セミナーを開催しております。

・セミナー名:『売上120%アップ、利益10倍にするためのビジネスモデル変革講座』
・日時:2018年6月21日(木) 10:00 – 11:30
・講師: WizBiz株式会社 代表取締役社長 新谷 哲
・参加費:一般企業様 おひとり様 3,000円(税込)、
     WizBizプレミアム会員様(WizBiz経営者クラブを除く):無料
・会場:WizBiz株式会社 セミナールーム(JR田町駅・地下鉄三田駅から徒歩5分)
    〒108-0014 東京都港区芝5-16-7 芝ビル
地図:https://wizbiz.me/data/wizbiz_map01.html

★詳細、お申込みに関しましては、以下のページをご覧ください。
↓↓↓↓↓
http://wizbiz.jp/SeminarDetail.do?sid=1105

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  2. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  3. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  4. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  5. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…

ピックアップ記事

  1. 「たのめーる」のテレビコマーシャルでもお馴染みの91万社の取引実績のある「株式会社大塚商会様」 …
  2. 代理店を募集したい!と思っても、まず何から初めて良いか分からないという方がいらっしゃいます。 いき…

最近の投稿

  1. 「中国での代理店ビジネス」でも記載したとおり、企業の現在の業績や企業信用度よりも「人の気持ち」が大切…
  2. 1.代理店という制度のはじまり 世界で最も古い販売代理店は、1800年代のイギリスで、新聞の広告枠…
  3. 代理店が増えない、あるいは、契約した代理店が売ってくれない、と感じている本部の方は、「モデル代理店」…
ページ上部へ戻る