規模の経済性の発揮! マルチ・フランチャイジーのメリット

成長企業の中には、1社で多くのフランチャイズに加盟し多店舗展開を実現させているところが多いことも事実です。そのような企業は、マルチ・フランチャイジーと呼ばれ、同一ブランドで多店舗展開しているケースと、全く異なる業種のブランドに加盟し多店舗展開しているケースに分けられます。いずれのケースにおいても、マルチ・フランチャイジーは、実は、大変効率的な事業運営のしかたであると言えます。以下では、このマルチ・フランチャイジーという経営手法のメリットについてご紹介します。

1.事業運営ノウハウの急速な蓄積、そして急成長

フランチャイジーとして、フランチャイズ本部の優れた事業運営ノウハウを共有することで事業の成功確率を上げることができるだけでなく、自社でも、様々に異なる立地や経営環境の中でのフランチャイジー活動を通して、同事業の運営ノウハウを急速に蓄積していくことができます。

とくに、異なる業種業態のブランドに加盟している場合は、全く異なる経営ノウハウを自社のものとして蓄積していくことができ、様々な経営ノウハウをミックスした革新的な経営改善も可能となります。実際に、学習塾、フィットネスクラブ、介護という異なる業種のフランチャイズに加盟しているマルチ・フランチャイジーのある企業は、それぞれの事業ノウハウを融合させた優れたノウハウ開発力で急成長を遂げています。

2.エリア・フランチャイザーへの昇格の可能性

優れた経営ノウハウを蓄積、開発することができたマルチ・フランチャイジーには、エリア・フランチャイザーという次のステップへ進んでいく道も開けてきます。エリア・フランチャイザーとは、特定の地域において、自らが地域本部として他社とフランチャイズ契約を結ぶ権利をフランチャイズ本部から与えられた企業のことを言います。受け取る加盟金やロイヤルティの配分は、フランチャイズ本部とエリア・フランチャイザーの間での協議によって決められます。

エリア・フランチャイザーは、いわば、地域本部としての機能を兼ね備えたマルチ・フランチャイジーと言えるため、本部側のメリットと加盟店側のメリットの両方を享受しうる立場にあります。すなわち、地域本部として、自社商圏の急速な拡大、加盟金やロイヤルティの獲得といったメリットを享受できると同時に、加盟店として、大きなバイイングパワーによる仕入れコスト(単価)の削減、ノウハウ蓄積を進めることができます。

一方、フランチャイズ本部にとっても、エリア・フランチャイザーを持つことで、遠方地域の事業運営を当該地域の事情に精通した優秀な地域本部の人材に任せることができる、というメリットを享受できます。フランチャイズ本部にとっても、エリア・フランチャイザーにとっても、大きな利益を享受することができるようになるのです。

<お知らせ>
日本最大級のビジネスマッチングサイトの運営会社である
WizBiz株式会社は、下記のとおり共催セミナーを開催します。

・セミナー名:『売上120%アップ、利益10倍にするためのビジネスモデル変革講座』
・日時:2018年6月21日(木) 10:00 – 11:30
・講師: WizBiz株式会社 代表取締役社長 新谷 哲
・参加費:一般企業様 おひとり様 3,000円(税込)、
WizBizプレミアム会員様(WizBiz経営者クラブを除く):無料
・会場:WizBiz株式会社 セミナールーム(JR田町駅・地下鉄三田駅から徒歩5分)
    〒108-0014 東京都港区芝5-16-7 芝ビル
地図:https://wizbiz.me/data/wizbiz_map01.html

★詳細、お申込みに関しましては、以下のページをご覧ください。
↓↓↓↓↓
http://wizbiz.jp/SeminarDetail.do?sid=1105

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  2. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  3. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  4. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  5. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…

ピックアップ記事

  1. 日本代理店協会公式ホームページにて、トラブル報告・注意喚起をご紹介した要注意リストが更新されましたの…
  2. 1.代理店という制度のはじまり 世界で最も古い販売代理店は、1800年代のイギリスで、新聞の広告枠…

最近の投稿

  1. 中国で代理店ビジネスを行う企業の目的は、「中国でモノやサービスを売るため」でしょう。これは過去の考え…
  2. せっかく時間とお金をかけて事業説明会を開催したのに、思ったように契約獲得できなくてお困りではありませ…
  3. 代理店候補者との初面談の際、どのような話をすればいいでしょうか? 1.会社案内 2.商品/サ…
ページ上部へ戻る