なぜ商材を探しているのか?本当の理由を聞き出す

 

表面的に良い、悪い、を判断していると、振り返ってみて何の成果も上がっていないことがある。
それは、相手と深く接していないことが原因である場合が多い。

本部の役割は、加盟店(代理店)を増やす、加盟店の売上をあげる、の2つに集約される。
加盟店を増やす行動において、相手と浅いコミュニケーションしか取れていないようならば早急な改善が必要。

もっとも分かりやすい例として「なぜ商材を探しているのか?」
本当の理由を聞いていない本部は成功しづらいと言っても過言ではない。

言葉を変えれば「動機」である。

契約条件やビジネスの内容を説明することも大事だ。
しかし、相手の動機に貴社ビジネスがマッチしていないなら、お断りするべき。

動機を聞き出さなくても契約には至る。
しかし、なぜ加盟したのか、ことあるごとに動機について述べられなければ、離脱は避けられない。

相手の状況(なぜ商材を探しているのか)を理解しようとする行為は、親身になって相手の心のバリアを破ってくれる。
貴社ビジネスが相手の状況を改善するのに役立つことをアピールできれば、加盟に一歩前進する。

そして、実際に改善に役立てば、間違いなく感謝していただける。
感謝は忠誠につながり、永くパートナー関係を保つことができます。

貴社ではちゃんと聞いていますか?

一般社団法人日本代理店協会ではコンサルティングも行っています。ご希望の方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらから

関連記事

おすすめ記事

  1. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  2. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  3. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  4. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  5. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…

ピックアップ記事

  1. 発電方法と言えば、主に以下の6つが代表的である。( )内は2016年の日本の発電量比率(資源エネルギ…
  2. 代理店や販売店、フランチャイズなどの契約を行う際に気を付けなければいけないのが「説明責任」です。 …

最近の投稿

  1. せっかく代理店やフランチャイズの候補者が申込をしてくださっても「加盟金」などの資金不足で断念せざるを…
  2. 代理店やフランチャイズ展開をする企業の多くは、細部の設定にこだわる。 ・加盟金 ・研修費 …
  3. 代理店本部の方の多くは「相手は販売のプロだから、あまり余計な話をしない方が良い」と考えています。 …
ページ上部へ戻る