営業を楽しくする問題解決の方法

営業が楽しくない、と感じた時の問題解決の方法を紹介します。

メンタルヘルスの世界では、ストレスへ対処することを「コーピング」といいます。
コーピングとは「処理する」「対抗する」という意味で、もともとは英語のcopeに由来します。(例:cope with a problem)
紹介したいのは、その手法で次の2つに分けるという点です。

1.問題焦点コーピング
2.情動焦点コーピング

問題焦点コーピングとは、問題の原因となるモノ・人に焦点をあてて、問題を解決するアプローチ。
情動焦点コーピングとは、問題を感じている本人の考え方や感じ方に焦点をあてて、問題を解決するアプローチ。
(情動=一時的で急激な感情の動き)

営業が楽しくない、という問題には、
1.楽しくない原因となるモノ・人に焦点をあてる
2.楽しくないと感じている考え方、感じ方に焦点をあてる ということが必要。

なぜ楽しくないのか、の原因が、なかなか売れないからだとしたら、
・商品/サービスの価格と価値の差に問題がある
・商品/サービスを売る自分のスキルに問題がある
・そもそも営業先のリストに問題がある
・営業効率(訪問営業が非効率)に問題がある
など様々な原因が考えられます。

一方で、楽しくないと感じている自分自身にも焦点をあてます。
※1.2.両方を考える点が今までの問題解決方法と大きく違います

なぜ楽しくないと感じているのかは、
・褒めてくれない(むしろ毎日叱られている)
・職場の居心地が悪い(周囲がうるさくて集中できないなど)
・私生活で別の問題をかかえている
など。

ここでの特長は問題の原因を取り除くのではなく(多くの場合、不可能なので)、自分の考え方や感じ方を変えるというアプローチを取ることです。
上司に「もっと褒めてくれないと仕事ができません!」と言う代わりに、叱られたら同じエネルギーで褒めてもらっているんだと自分で変換する、など受け止め方を変えるという選択をするのです。
少し難しいことかも知れませんが、日記に書くなど自分なりに実験、分析していくと、こう考えたら楽になった、急に気持ちが軽くなった、など良い方向に向かっていくでしょう。

問題解決には2つのアプローチがある、と考えて、課題解決の際に思い出してみてください。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  2. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  3. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  4. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  5. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…

ピックアップ記事

  1. 当サイトは、代理店になって成功するための情報まとめサイトです。 内容はみなさんのご意見を頂戴しなが…
  2. 経営のプロでも法律に詳しくない場合が多くあります。例えば「代理店」と「販売店」の違い。 英語に…

最近の投稿

  1. 当協会では営業力をトレーニングするために「ロールプレイング」を推奨しています。 社名は出せませんが…
  2. マーケット(市場)という言葉を理解しておくと、セールスがもっと楽しく感じられるかも知れません。 …
  3. 飲食チェーン「赤から」のフランチャイジーとして成功されている株式会社KCL(東京都足立区:代表取締役…
ページ上部へ戻る