どのような商品の代理店になれば良いか?

代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。
既存のお客様数社から欲しいと言われたからといって、すぐに代理店契約(商品を仕入れる)をするは得策ではありません。
本当に販売できるかどうか分からないというリスクがあります。

法人の場合は、既存事業と親和性が高い商品を選ぶことをおすすめします。
既存のお客様に紹介するだけで購入になるようなら、これほど良いビジネスはありません。
また、既存事業(商品・サービス)とセットで販売できるというケースも良いでしょう。

 

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 会員登録いただくと、当サイトのコンテンツ…

おすすめ記事

  1. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 …
  2. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに…
  3. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  4. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  5. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 …

ピックアップ記事

  1. 代理店としてメーカーと契約する場合、取扱う製品を細かく定義することはとても重要です。 最も確実…
  2. 美人コンテスト「ミス・ユニバース・ジャパン」は実はフランチャイズ方式だった! 全国にエリアパートナ…

最近の投稿

  1. 代理店契約をすると、本部からチラシのデータや、チラシそのものを提供してもらえることがあります。 …
  2. 個人客と違い法人の場合には、利用者、管理者、決裁者に加え、法務や情報システム、経理…
  3. セールスでは出身校や趣味などの共通点を探ることが効果的です。 これは、お客様に「…
ページ上部へ戻る