お客様のニーズを聞き出す

問題がないところで商品・サービスは売れません。
お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを販売しても押し売りになってしまいます。

問題を掘り起こして商品やサービスを提供するコンサルティングセールスもありますが、一般的には、ニーズを聞き出し見込み客を探します。
ここではニーズの聞き出し方をご紹介します。

ニーズを聞き出す目的は、
1)お客様になり得るかどうかを判断する
2)購入商品や購入時期を判断する
という2つです。

1)お客様になり得るかどうかを判断する
繰り返しになりますが、ニーズが全くない(あるいは経済的に購入できない)方にいくらセールスしても売れません。
関係する質問をして販売したい商品・サービスのお客様になり得るかどうかを判断しましょう。

2)購入商品や購入時期を判断する
お客様になり得ることが分かったら、(商品が複数あれば)何を、いつ購入するかを聞き出す必要があります。
ただしここではまだあなたや商品・サービスのことを信用していないので本音で語られないこともあります。

ニーズを聞き出すには、遠回りせず、ストレートに質問をすることです。
例えば、ウォーターサーバーの設置の営業をしているのなら、

 

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 会員登録いただくと、当サイトのコンテンツ…

おすすめ記事

  1. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 …
  2. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 …
  3. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  4. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに…
  5. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …

ピックアップ記事

  1. 不動産会社の経営者様から「自社で火災保険を取り扱いたいが、代理店になるにはどのような手続きや資格が必…
  2. メーカーと代理店契約をする際に、「独占」か「非独占」かを確認する必要があります。 …

最近の投稿

  1. 新規で独立開業したり、追加で新規事業を立ち上げる際に、代理店やフランチャイズの検討を推奨しています。…
  2. インサイドセールスという言葉は目にするようになったが、実践できている企業はまだまだ少数です。 …
  3. 代理店契約をすると、本部からチラシのデータや、チラシそのものを提供してもらえることがあります。 …
ページ上部へ戻る