情報を集めて取捨選択する

良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。

次のどちらが、より良い判断をできるかどうかを考えてみていただければ分かりやすいと思います。

A)少ない情報 ⇒ 判断 (一部の情報から判断するので、見誤る可能性が高い)
B)多い情報 ⇒ 判断 (より多面的に判断できるので、成功しやすい)

一方、情報を集めることに時間がかかってしまって、ビジネスのタイミングを逃してしまわないことにも注意が必要です。

そのためには集める情報の種類を絞っておくのが良いでしょう。

1.製品/サービスの内容
2.現在の販売状況
3.既存代理店の状況
4.会社概要

最低限は上記の情報を入手して、ここから、メーカーからは得られない情報(信用情報など)を独自に調べましょう。
また、契約してから後悔しないための「テスト」も重要です。試しに見込み客にヒアリングしてみる、実際に営業して反響を見る、などです。

ここでは、より多くの情報を収集するために活用できる「代理店募集サイト」を3つご紹介いたします。(いずれも日本代理店協会加盟企業が運営するサイトです)

代理店FCドットコム
http://dairitenfc.com/ 2005.8~

代理店募集ドットコム
https://b-seeds.com/ 2008.2~

bgent.net
https://www.bgent.net/ 2010.6~

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>メールマガジンにご登録ください

    代理店ビジネス情報局ではメールマガジン会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイ…

おすすめ記事

  1. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  2. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  3. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ピックアップ記事

  1. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  2. メーカーと代理店との間では、その代理・販売活動をどの地域で行うことができるのかについて決めておく必要…

最近の投稿

  1. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  2. 法人に営業する場合、個人の場合とどのような違いがあるでしょうか? 個人の場合には、購入者本人の…
  3. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
ページ上部へ戻る