会社の信用を調べる

メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。
これは信用調査や与信と呼ばれます。

信用調査は、悪い噂が流れていないかどうかや、これまでの活動で社会からどのように評価されているかどうか。
一方の与信は、金銭的な信用がどれだけあるかということです。

例えば、
製品の品質やアフターフォローに問題がある場合は、代理店になった際に、売れない、クレーム処理が大変、などの問題が予想されます。
与信が低い場合は、販売してもコミッションが振り込まれない、ある日突然倒産、などのリスクがあります。

インターネットの検索でもある程度の情報は集められますが、調査を業として行っている企業から有償で情報を入手するのが一般的です。
リスクはできるだけ未然に防ぐに越したことはありません。

【主な調査方法】 ※ご利用は自己責任にてお願いします

帝国データバンク
https://www.tdb.co.jp/

東京商工リサーチ
http://www.tsr-net.co.jp/

リスクモンスター
http://www.riskmonster.co.jp/

G-Serchデータベース
http://db.g-search.or.jp/

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  2. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  3. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  4. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  5. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…

ピックアップ記事

  1. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  2. 経営のプロでも法律に詳しくない場合が多くあります。例えば「代理店」と「販売店」の違い。 英語に…

最近の投稿

  1. 代理店契約をするかしないか悩む前に、その商品(サービス)を試験的に営業してみてはいかがでしょうか? …
  2. 代理店や販売店としていろいろな商材を扱っていると、全部の商材をお客様に説明するのは現実的ではありませ…
  3. 代理店という言葉から連想されることは何でしょうか? ビジネスで代理店と関わりがない方は、次のよ…
ページ上部へ戻る