中国での代理店の探し方

中国での代理店ビジネス」でも記載したとおり、企業の現在の業績や企業信用度よりも「人の気持ち」が大切です。しかし、それは信用調査を行った上で、最終判断として人を見るべきであり、最初から信頼できる人がいる企業を探そうというのは無理な話です。

ではどうやって中国の企業の信用調査をすれば良いのでしょうか。中国の企業は、工商局や統計局に年間損益等を提出することが義務付けられています。そこで毎年提出される資料について、中国の弁護士は工商局で調査することができます。つまり弁護士を通じて調査をすることができるのです。
それ以外にも「インターネットリサーチ」「訪問面接調査」「郵送調査」「電話調査」「グループインタビュー」「パーソナルインタビュー」「店頭観察調査競合調査」「業界上位企業調査」「価格調査」「市場動向調査」などの調査方法があり、これらは全て当協会を通じて行うことができます。

具体的な調査方法を一つ例に出します。信用調査の一つとして「取引高及び取引先調査」という調査があります。これは、企業が一年間で取引をした相手先の名称及びその取引額を調査するというものです。
なぜこのようなことが可能かというと、中国では売上げた場合、必ず領収書を発行しなければなりません。その情報は即座にインターネット回線を通じて税務局に送信されます。2008年より領収書の発行システムが完成し、全ての企業が税務局と直接ネット回線で繋がっているのです。調査では売上先や支払い先のそれぞれに分けて調査することも可能です。

他にもライバル企業がどこと取引しているか、あるメーカーがどこの販売代理店を利用しているのかも上記の調査の延長として調査することが可能です。
中国で代理店を探す際には、お気軽にご相談ください。

(文責:株式会社エンジョイント 代表取締役 北原輝和)

商号 株式会社 エンジョイント
所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7F       
事業内容 多店舗化支援事業、販路拡大支援事業、新規事業支援事業、経営コンサルティング事業
http://www.enjoint.co.jp/

お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

会社名
(例:株式会社山田商事)

部署/役職
(例:代表取締役)

お名前
(例:山田太郎)

電話番号
(例:03-1234-5678)

メールアドレス
(例:*******@yamada.co.jp)

お問い合わせ内容

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  2. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  3. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  4. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  5. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…

ピックアップ記事

  1. せっかく時間とお金をかけて事業説明会を開催したのに、思ったように契約獲得できなくてお困りではありませ…
  2. 事業の内容にもよりますが、バッティングを避ける配慮をしなければいけません。 しかしながら、メーカー…

最近の投稿

  1. 中国で代理店ビジネスを行う企業の目的は、「中国でモノやサービスを売るため」でしょう。これは過去の考え…
  2. せっかく時間とお金をかけて事業説明会を開催したのに、思ったように契約獲得できなくてお困りではありませ…
  3. 代理店候補者との初面談の際、どのような話をすればいいでしょうか? 1.会社案内 2.商品/サ…
ページ上部へ戻る