製品を仕入れる際の受入検査

販売店がメーカーから製品を仕入れる際に、受入検査を行います。
受入検査は、その合格を持って①保証期間の開始②支払請求権利の発生③所有権/危険負担の移転とするのが、もっともリーズナブルでわかりやすいようです。

従って、どのようなプロセスが完了したら、受入検査完了となるのか?を明確に記述します。よく争点になるのは下記のポイントです。

◆どのような基準に基づき受入検査するのか?
・メーカが定めた基準?販売店が定めた基準?双方で協議して定めた基準?

◆受入検査の期限は?
・製品の納入後、○○日以内に販売店は受入検査を行うか?メーカーとしては、納入後1年間も販売店が受入検査せずにいつまでも、代金を請求できなかったら困る訳です。
 従って、受入検査の期限をきり、その期限までに販売店が受入検査を行い、欠陥等の通知をメーカーにしなかった場合は当該製品の受入検査に合格したものとみなす、と言った規定を契約書によく記載します。
・また、製品の特性やビジネスの状況によっては受入検査を省略することもあるでしょう。そのときは、いつの時点で支払請求権が発生するのか等が忘れられがちですので明確に決めておきましょう。

◆受入検査の省略は?
メーカーから販売店の顧客へ直接製品が納品される場合等、 販売店による受入検査を省略する場合があります。さらにごくまれに販売店が(面倒なので?)受け取った製品の受入検査を省略することを希望するケースがありますがこれはお勧めできません。
なぜならば、販売店受領⇒販売店顧客へ転売後一定期間が経過してから製品の欠陥が発生したときは、それがメーカーの責に帰するのか販売店の責に帰するのかが不明確となるからです。

【情報提供】マスター行政書士事務所 http://www.master-license.com

契約書のチェック、ご相談はこちらのフォームをご利用ください

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  2. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  3. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  4. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  5. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …

ピックアップ記事

  1. 販売店がメーカーから製品を仕入れる際に、受入検査を行います。 受入検査は、その合格を持って①保証期…
  2. 当協会では、何事も「ロールプレイング」をするようにお伝えしています。 営業する際には ・電話…

最近の投稿

  1. 代理店契約をするかしないか悩む前に、その商品(サービス)を試験的に営業してみてはいかがでしょうか? …
  2. 代理店や販売店としていろいろな商材を扱っていると、全部の商材をお客様に説明するのは現実的ではありませ…
  3. 代理店という言葉から連想されることは何でしょうか? ビジネスで代理店と関わりがない方は、次のよ…
ページ上部へ戻る