活動地域を特定する

メーカーと代理店との間では、その代理・販売活動をどの地域で行うことができるのかについて決めておく必要があります。

代理店としては、できるだけ広い地域で活動したいですし、代理店/販売店戦略があるメーカーは、狭い地域しか代理店/販売店活動を認めたくないケースもあります。

店舗やサービスなどフランチャイズ系ビジネスの場合は「商圏」が強く意識されますので、地域の限定は必須です。
代理店として契約する際には、販売地域の権利について十分に注意してください。

【情報提供】マスター行政書士事務所 http://www.master-license.com

契約書のチェック、ご相談はこちらのフォームをご利用ください

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 会員登録いただくと、当サイトのコンテンツ…

おすすめ記事

  1. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  2. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 …
  3. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに…
  4. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 …
  5. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …

ピックアップ記事

  1. 代理店契約をするかしないか悩む前に、その商品(サービス)を試験的に営業してみてはいかがでしょうか? …
  2. このページでは、利用者の方(訪問者)に目的別で当サイトの利用方法をご案内します。 1.初め…

最近の投稿

  1. 代理店契約をすると、本部からチラシのデータや、チラシそのものを提供してもらえることがあります。 …
  2. 個人客と違い法人の場合には、利用者、管理者、決裁者に加え、法務や情報システム、経理…
  3. セールスでは出身校や趣味などの共通点を探ることが効果的です。 これは、お客様に「…
ページ上部へ戻る