販売する製品を特定する

代理店としてメーカーと契約する場合、取扱う製品を細かく定義することはとても重要です。

最も確実で最も多く取られているのは、別紙に詳細に品名、型番、価格別に記載する方法です。
こうしておけば間違いは起こりようがないですし、新製品が出た際には別紙を改訂するだけで済みます。

ここを曖昧にして、「取り扱い製品はメーカーが製造するパソコン」などどしてしまうとトラブルの元になります。
代理店はその製品の範囲をできるだけ広く拡大解釈しようとし、メーカーは反対に範囲を狭く解釈しようとするからです。

【情報提供】マスター行政書士事務所 http://www.master-license.com

契約書のチェック、ご相談はこちらのフォームをご利用ください

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  2. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  3. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  4. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  5. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…

ピックアップ記事

  1. 代理店は、別の言い方として、販売代理店(販売店)、加盟店、委託店、特約店などとも呼ばれています。 …
  2. 法人で売上をもっと伸ばしたいと思った時に、真っ先に思いつくのが代理店になることだと思います。 「今…

最近の投稿

  1. 代理店契約をするかしないか悩む前に、その商品(サービス)を試験的に営業してみてはいかがでしょうか? …
  2. 代理店や販売店としていろいろな商材を扱っていると、全部の商材をお客様に説明するのは現実的ではありませ…
  3. 代理店という言葉から連想されることは何でしょうか? ビジネスで代理店と関わりがない方は、次のよ…
ページ上部へ戻る