代理店契約をする前にテスト営業してみる

代理店契約をするかしないか悩む前に、その商品(サービス)を試験的に営業してみてはいかがでしょうか?
インターネットの業界では、商品を完成させる前に、広告を出してみて、費用対効果を検証してから商品化を決定するという手法があります。

リアルの営業の世界でも、テスト営業は有効です。
特に代理店契約で加盟金などが生じる場合には、最終的な結論を出す前にテスト営業するべきです。

テスト営業のやり方を説明しましょう。

契約前ですから、セールスの研修も受けていませんし、ツールもありません。
あるとすればパンフレットくらいでしょうか。

何らかの資料やホームページが必要を使って、お客様候補に次のような質問をしてみます。
「今度この商品の代理店になる準備をしているのですが、○○○についてご関心はありますか?」

実際に代理店になった場合は次の質問になるので、その前のテストの質問ということになります。
「今度この商品の代理店になったのですが、○○○についてご関心はありますか?」

あるいはお客様候補ではなく、家族・友人・知人でもいいので「この商品ってどう思う?」という質問でもいいでしょう。
「あー、これ知っている○○だよね」「これって○○○って問題ないの?」と自分にはない発想が返ってくることでしょう。

代理店契約に悩んでいるのは確信を得るための情報が少ないためだと考えます。
あるいは代理店契約をして失敗するのも同じように事前のリサーチ不足もひとつの要因です。

あまり情報収集に時間をかけても、好機を逃してしまうかも知れませんが、ぜひこのテスト営業という発想を取り入れてみてください。
代理店契約をすべきかどうか、意外とあっさりと答えが出るかも知れません。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  2. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  3. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  4. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  5. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…

ピックアップ記事

  1. 当協会では営業力をトレーニングするために「ロールプレイング」を推奨しています。 社名は出せませんが…
  2. 不動産会社の経営者様から「自社で火災保険を取り扱いたいが、代理店になるにはどのような手続きや資格が必…

最近の投稿

  1. 「代理店募集」と検索すると実に様々な募集情報を見つけることができます。 どれが自分に合っているの?…
  2. 当協会では営業力をトレーニングするために「ロールプレイング」を推奨しています。 社名は出せませんが…
  3. マーケット(市場)という言葉を理解しておくと、セールスがもっと楽しく感じられるかも知れません。 …
ページ上部へ戻る