見込み客を発掘するためにアンケート用紙を使おう

代理店や販売店としていろいろな商材を扱っていると、全部の商材をお客様に説明するのは現実的ではありません。
一つの手法として、アンケートを取り入れてみてはいかがでしょうか?

メインの商談が終わった段階でこう切り出すのです。

「現在、アンケートをお答えいただいた方にこちらの粗品をプレゼントさせていただいているのでぜひご協力ください!」

もちろん、アンケートには次の販売につながるための質問が含まれています。

お客様はアンケートに答えると隠れたニーズに気が付く。
そして営業担当は、そのニーズについて深堀していく、という流れです。

このほかにも、見込み客を獲得する手法として、アンケートやキャンペーン、モニター募集、などが活用できます。

私たちもいち消費者として、毎日テレビや新聞、雑誌、インターネットで多くの見込み客獲得の手法を目にしています。
この手法はどういう仕組みになっているのか?自社で活用できないか?と考えながら街を歩くのも良いでしょう。

参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  2. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  3. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  4. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  5. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…

ピックアップ記事

  1. 代理店契約をするかしないか悩む前に、その商品(サービス)を試験的に営業してみてはいかがでしょうか? …
  2. 売りたい商品があるけれど、代理店として何か契約書のようなものは用意しておくべきだろうか? みな…

最近の投稿

  1. 飲食チェーン「赤から」のフランチャイジーとして成功されている株式会社KCL(東京都足立区:代表取締役…
  2. 飲食チェーン赤からのフランチャイズに加盟して成功されているプロスティ株式会社(茨城県つくば市:代表取…
  3. 不動産会社の経営者様から「自社で火災保険を取り扱いたいが、代理店になるにはどのような手続きや資格が必…
ページ上部へ戻る