日本経済活性化のために開業率の向上が必要(代理店として活躍することの意義)

代理店という言葉から連想されることは何でしょうか?

ビジネスで代理店と関わりがない方は、次のようなイメージが多いと聞きます。
「旅行代理店?」
「保険代理店?」
「広告代理店?」

いずれも代理店の一種です。
例えばウォーターサーバーをご家庭に置いている場合、契約した時の相手はウォーターサーバー会社の代理店だったと思います。
また、携帯電話をショップで契約した相手も、キャリア(携帯会社)の代理店です。
どこにでもあるコンビニやファミリーレストランも代理店の一種です。(この場合フランチャイズといいますが)

つまり、本部の会社の代わりに、モノやサービスを提供している会社を「代理店」といいます。
ウォーターサーバーの代理店のように「お店」でなくても代理店と呼びます。


「日本経済活性化のために日本の開業率を20%に!」

当協会は、この目的のために情報提供を行っている団体です。

日本の開業率は5.2%(2015年)、英国14.3%、米国12.4%と比べると半分以下。
少子高齢化、ニーズの多様化、オリンピック後の日本はどうなってしまうのかと多くの方が心配をしている日本の将来。
この答えの一つが、法人・個人の代理店化だと考えております。

お店を持っても持たなくても、今の収入にプラスαのビジネスを加える。
長い時間労働するのではなく、情報と人脈を効率良く活かして、経済的にも時間的にも自由な生活を送る。
そんな未来がすぐそこに迫っています。

「代理店」って何だろう、難しそう、と思わずに、「もう一つ財布を増やすための方法」と考えてみてください。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 会員登録いただくと、当サイトのコンテンツ…

おすすめ記事

  1. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  2. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  3. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  4. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  5. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…

ピックアップ記事

  1. 「さしすせそ」と聞くと、調味料が有名です。 さ:砂糖 し:塩 す:酢 せ:醤油(旧仮名遣…
  2. 経営のプロでも法律に詳しくない場合が多くあります。例えば「代理店」と「販売店」の違い。 英語に…

最近の投稿

  1. 売りたい!契約したい!という気持ちが先行すると、お客様の感覚を失いがち。 自分がお客さんだったらそ…
  2. 営業の基本とは、何でしょうか? ひとことで言うと「質問する」ことです。 例えば、今、手に…
  3. どんな商材が売れますか?というご質問をいただくことがあります。 売れているものを選ぶ、という考…
ページ上部へ戻る