売上を伸ばすには未来のことを真剣に話さなければならない

代理店の売上を伸ばすためには、行動と結果を数字で管理し指導や支援をする必要があります。
しかし数字を追いかけるだけでは、良い結果が生まれません。
なぜならば、代理店が自ら進んで売りたいと思わなければいけないからです。

では、どうすれば自ら進んで売りたいと思ってもらえるでしょうか?
良い報酬、良いキャンペーン、良いセールスツール・・・
それももちろん必要ですが、重要なのは将来の話です。

本部は、代理店の将来のことを真剣に考えるべきです。
売上をあげましょう、利益がこれだけ残ります、という話は表面的すぎです。
代理店が法人にしろ、個人にしろ、その代理店の将来像について話し合うことが必要です。

にんじんをいつまでも本部が与え続けるのではなく、代理店が自分でにんじんをぶら下げるようにしましょう。
代理店がどのようなことを望んでいるのか、どのような将来に向かってなら頑張れるか。
その将来を引き出し、気づかせ、原動力とするのは本部の役目です。

会社をここまで大きくしたい、安定した収益を作って家族を守りたい、などの将来です。
そのための分かりやすい目標として、みんなで海外に社員旅行に行こう、自分へのご褒美に◯◯を買おう、などを設定するのも良いでしょう。
恐る恐る売上の話をするよりも、将来の話とセットにすることで、何のための売上かを意識することになります。

まだ代理店と将来の話をしていないのなら、今日からすぐにでも始めましょう。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  2. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  3. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  4. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  5. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…

ピックアップ記事

  1. 代理店を募集する際にプッシュ型で行く時、FAXDMやDMが思い浮かびます。 では、これらは効果があ…
  2. 収入印紙を貼らないというのは法律に違反しますのでNGです。 通常は以下のいずれかの方法を取りま…

最近の投稿

  1. 1.代理店という制度のはじまり 世界で最も古い販売代理店は、1800年代のイギリスで、新聞の広告枠…
  2. 代理店が増えない、あるいは、契約した代理店が売ってくれない、と感じている本部の方は、「モデル代理店」…
  3. 代理店や販売店、フランチャイズなどの契約を行う際に気を付けなければいけないのが「説明責任」です。 …
ページ上部へ戻る