代理店の市場規模ってどのくらいあるのですか?

 

代理店の候補として仕事についている人すべてが該当すると考えると、6,446万人が対象になります。
(総務省統計局:労働力調査2016.7.1公表)
※意外と知られていませんが18ヶ月連続で増加しています

このうち、340万人は原則副業が禁止されている国家公務員・地方公務員にあたるため、約6,000万人が代理店になりうる規模、と考えて良いでしょう。

ビジネスの内容にもよりますが、現在ではITやSNSが進むなどの理由で個人でも代理店になりやすいビジネスが数多く誕生しています。

「独立して起業したい」という方がいる一方で、
「リスクを冒さず収入を得たい」という方が非常に多くいると、代理店・フランチャイズ本部の方が言います。

一方、企業数は420万社(総務省:事業所・企業統計調査2016.1.29公表)となっていますので、法人を対象にする場合にはこの数字が市場規模といえます。

まとめると、
法人を対象にする場合には420万社
個人を対象にする場合には6,400万人
ここから適正業種や地域・年齢・性別などを調べていくと実際の市場規模が予測できます。

※調査数字は各省庁によって測定方法が異なるのであくまで目安としてお考えください

※メール会員登録で代理店構築マニュアルプレゼント中 <無料会員登録はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  2. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  3. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  4. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  5. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…

ピックアップ記事

  1. 日本初のがん保険販売から、代理店制度で日本を代表する保険会社に。 アヒルのテレビCMでお馴…
  2. 人気がある商品・サービスは時代の流れと共に移り変わります。 通信関連、太陽光発電、新電力、と技術や…

最近の投稿

  1. せっかく代理店やフランチャイズの候補者が申込をしてくださっても「加盟金」などの資金不足で断念せざるを…
  2. 代理店やフランチャイズ展開をする企業の多くは、細部の設定にこだわる。 ・加盟金 ・研修費 …
  3. 代理店本部の方の多くは「相手は販売のプロだから、あまり余計な話をしない方が良い」と考えています。 …
ページ上部へ戻る