代理店になった後に営業をやめさせたい場合はどうすればいいですか?

他の代理店はそのままにして、ある特定の代理店をやめさせたい場合、何か適切な理由をつけなければお客様や他の代理店にも影響が出ます。

この場合には、あれこれ策略を練るのではなく、メーカーとして何が困っているのか、もし改善がなければ代理店をおやめいただきたいという旨をストレートにぶつけるべきです。
策を練れば必ずそれに気づかれ、かえって面倒な事態を招く可能性もあります。

できれば対面で行い、いきなり書面や、メールなどで伝えるのは避けましょう。

無料相談はこちらから

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  2. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  3. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  4. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  5. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…

ピックアップ記事

  1. 中国で代理店ビジネスをはじめるにせよ、調査レベルで終わるにせよ、行うべきことは「商標登録」です。展示…
  2. 人気がある商品・サービスは時代の流れと共に移り変わります。 通信関連、太陽光発電、新電力、と技術や…

最近の投稿

  1.   1.多岐にわたる介護サービス 介護保険法に基づく介護サービスとしては、現在、以下の分類の…
  2. 中国で代理店ビジネスを始めたいという企業様に対し、最初にお聞きするのが「代理店ビジネスをはじめたい商…
  3. 当協会では営業力をトレーニングするために「ロールプレイング」を推奨しています。 社名は出せませんが…
ページ上部へ戻る