代理店になった後に営業をやめさせたい場合はどうすればいいですか?

他の代理店はそのままにして、ある特定の代理店をやめさせたい場合、何か適切な理由をつけなければお客様や他の代理店にも影響が出ます。

この場合には、あれこれ策略を練るのではなく、メーカーとして何が困っているのか、もし改善がなければ代理店をおやめいただきたいという旨をストレートにぶつけるべきです。
策を練れば必ずそれに気づかれ、かえって面倒な事態を招く可能性もあります。

できれば対面で行い、いきなり書面や、メールなどで伝えるのは避けましょう。

無料相談はこちらから

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  2. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…
  3. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  4. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  5. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…

ピックアップ記事

  1. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  2. あるデザイン性が高いハンドメイド製品のメーカー様からのご質問です。 「1.販売パートナー企業と弊社…

最近の投稿

  1. 代理店や販売店、フランチャイズなどの契約を行う際に気を付けなければいけないのが「説明責任」です。 …
  2. 「中国での代理店ビジネス」でも記載したとおり、大企業や信頼できる方からの紹介だからと実力を読み間違え…
  3. 代理店を獲得する方法は同じなのに、なぜか代理店獲得(契約)の成果がまったく出ない本部があります。 …
ページ上部へ戻る