成否を分ける選択

商材(商品)選びは、その後のビジネスの成否を運命づける大きな選択です。

製品/サービスの内容・質はもちろんですが、外部要因にも注意して選択する必要があります。

例えば
・世の中のニーズの変化
・競合の動き

世の中のニーズが大きく動いている中で、その製品は必要とされているかは代理店ビジネスの成否を左右します。
どんなに素晴らしい製品でも、時代が早すぎる(あるいは遅すぎる)場合には売れません。
携帯・スマートフォンが広がった時代の携帯ショップや、インターネット普及時の通信回線の代理店は大きな収益を得ました。

競合の動きはどうでしょうか?
ある製品を気に入って代理店契約をしたが、実際に営業をしてみたら、営業先からもっと良い製品を知らされたということにならないようにしましょう。
また、競合の意味も大きく変わってきました。
アミューズ・エンターテイメント関連の競合は、今や同業他社だけではなく「スマホ」だという話は皆さんもご存知の通りです。

誤解を恐れずにいえば、営業力がなくても、良い商材を選べばビジネスで成功できます。
反対に、どんなに強力な営業力があっても、商材選びを誤れば収益を手にすることはできません。
限られた時間とコストの中で、どの商材を選ぶかは非常に重要です。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 会員登録いただくと、当サイトのコンテンツ…

おすすめ記事

  1. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 …
  2. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  3. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  4. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 …
  5. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに…

ピックアップ記事

  1. マーケット(市場)という言葉を理解しておくと、セールスがもっと楽しく感じられるかも知れません。 …
  2. 新規で独立開業したり、追加で新規事業を立ち上げる際に、代理店やフランチャイズの検討を推奨しています。…

最近の投稿

  1. 新規で独立開業したり、追加で新規事業を立ち上げる際に、代理店やフランチャイズの検討を推奨しています。…
  2. インサイドセールスという言葉は目にするようになったが、実践できている企業はまだまだ少数です。 …
  3. 代理店契約をすると、本部からチラシのデータや、チラシそのものを提供してもらえることがあります。 …
ページ上部へ戻る