損害保険の代理店になるには、どのような手続きや資格が必要ですか?

不動産会社の経営者様から「自社で火災保険を取り扱いたいが、代理店になるにはどのような手続きや資格が必要か照会したい」とお問い合わせを受けました。
回答は次の通りです。

通常は、損害保険会社に連絡を取り、代理店登録をします。
その後、日本損害保険協会の損保代理店試験を受け、販売ができるようになります。
また共済を取り扱うという選択肢もございます。

代理店になるには(他の代理店の場合と同じように)複数社から資料を取り寄せ、説明会や面談を通じてどの会社と取引するのが良いかご決定ください。
経営理念、社長・担当者の想い、商品・サービス内容、研修内容、フォロー体制、などを比較検討しましょう。

損保の場合、すでに代理店として活躍されている先輩方が大勢いらっしゃいますので、ヒアリングするのも良いでしょう。
お客様目線で選ぶことも重要ですので、お客様へのヒアリングも有効です。

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  2. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  3. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  4. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  5. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…

ピックアップ記事

  1. 代理店の場合と異なり、製品を仕入れる販売店の場合には契約の考え方が変わります。 メーカーと販売店と…
  2. 商材(商品)選びは、その後のビジネスの成否を運命づける大きな選択です。 製品/サービスの内容・…

最近の投稿

  1. 独立・起業したいけど何をしていいかわからない、と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私…
  2. 「代理店募集」と検索すると実に様々な募集情報を見つけることができます。 どれが自分に合っているの?…
  3. 当協会では営業力をトレーニングするために「ロールプレイング」を推奨しています。 社名は出せませんが…
ページ上部へ戻る