セールスでは、お客様に同類・仲間だと思ってもらえるよう努力する

セールスでは出身校や趣味などの共通点を探ることが効果的です。
これは、お客様に「同類」「仲間」だと思ってもらえることがセールスにつながるからです。

私たちは、小学校や中学校の幼なじみに会うと、一瞬で過去仲が良かった時代にタイムスリップします。
何年も何十年会っていなくても、昨日もその前も会っていたかのように語り合うことができます。

これと似たようなことが、同郷、あるいは、同窓、というだけで起こります。
つまり、過去に会ったことがなくても、同じ◯◯というだけで一瞬で仲良しになれるのです。

これは趣味や、嗜好(好み)、血液型、生まれ年、星座、過去のアルバイト経験、など、何にでも当てはまります。

セールスは良い商品、良いサービスを販売することはもちろん。
あなた自身を気に入っていただく必要があります。
好き、あるいは、信用できる、ということが、財布の紐を緩めるからです。

「気が合うし、悪い人じゃなさそうだから、買ってしまおう」
という心理です。

 

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 会員登録いただくと、当サイトのコンテンツ…

おすすめ記事

  1. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに…
  2. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  3. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  4. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 …
  5. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 …

ピックアップ記事

  1. 商材(商品)選びは、その後のビジネスの成否を運命づける大きな選択です。 製品/サービスの内容・…
  2. もし商材選びに行き詰まりを感じていたら、お薦めしたい方法があります。 それは…

最近の投稿

  1. セールスでは出身校や趣味などの共通点を探ることが効果的です。 これは、お客様に「…
  2. 売りたい!契約したい!という気持ちが先行すると、お客様の感覚を失いがち。 自分がお客さんだったらそ…
  3. 営業の基本とは、何でしょうか? ひとことで言うと「質問する」ことです。 例えば、今、手に…
ページ上部へ戻る