成功事例:淡路島カレー(株式会社ビープラウド)

約2年間で加盟店を全国150店舗以上増やしてきた「淡路島カレー」。その成功の秘密とは・・・?
誰もが知りたい事業拡大の鍵を事例を通じて学びます。
 
成功事例:淡路島カレー
「カレーを売らない」 事業拡大の秘密は理念とビジョン
 
もくじ
Ⅰ 全国に150店舗 「淡路島カレー」とは
Ⅱ 成功までの軌跡
Ⅲ 成功の秘密
Ⅳ カレーを売らない
Ⅴ 課題を解決する
Ⅵ 徹底的に教育する
Ⅶ まとめ

 カレー店ではないバーなどの飲食店に、淡路島で作ったカレーのルーを卸していく。店頭には「淡路島カレー」ののぼりがはためく。代理店とフランチャイズの良い点をミックスしたような新しいライセンスビジネスが全国に広がっています。
 淡路島カレーとは、瀬戸内海の自然に恵まれた淡路島で丹精込めて育てられた玉ねぎに9種類のフルーツを加えた「甘み」と、鶏がら・デミグラスソースによる「コク」、そしてブレンドされたスパイスによる「辛さ」を味わうことができるカレーです。
 前述したように、カレーを扱っていないお店が加盟店になっていただきライセンスを付与。加盟店にはカレーのルーを卸していくだけでなく、収益が取れる店舗作りの支援をするというビジネスモデルで事業を拡大してきたのが淡路島カレーです。
 約2年間で加盟店を150店舗以上獲得しているこの人気のビジネスを仕掛けているのは株式会社ビープラウド。今回は、代表取締役の大山社長に事業拡大の成功の秘密について伺いました…..

全文のダウンロードはこちら
成功事例:淡路島カレー(株式会社ビープラウド)

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  2. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  3. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…
  4. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  5. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…

ピックアップ記事

  1. 営業は効率の追求である、といえます。 見込み客を見つけ、説明をし、契約をする。 100人…
  2. 営業が楽しくない、と感じた時の問題解決の方法を紹介します。 メンタルヘルスの世界では、ストレス…

最近の投稿

  1. 「代理店募集」と検索すると実に様々な募集情報を見つけることができます。 どれが自分に合っているの?…
  2. 当協会では営業力をトレーニングするために「ロールプレイング」を推奨しています。 社名は出せませんが…
  3. マーケット(市場)という言葉を理解しておくと、セールスがもっと楽しく感じられるかも知れません。 …
ページ上部へ戻る