代理店とは

代理店は、別の言い方として、販売代理店(販売店)、加盟店、委託店、特約店などとも呼ばれています。
一般的には、代理店と販売代理店は同じ意味で使われ、加盟金を要するものは加盟店、紹介など簡単な業務を行わせる場合は委託店(紹介店)、特別な権利を付与する場合は特約店、とすることが多いようです。
(契約の世界では代理店はAgent、販売店はDistributorと意味が明確に違います)

当サイトでは、これらをすべて代理店という言葉で表現しておりますが、よく比較されるフランチャイズとは区別しておいた方がいいと思いますので、少し解説いたします。

代理店は、販売などの業務を委託するという範囲にとどまりますが、フランチャイズは、商号・商標を使用させ、同一の商品・サービスをお客様に提供できるように管理・監督します。つまり、看板が同じだから同じクオリティーの商品やサービスを提供できるようにしなければいけないというのがフランチャイズです。

 

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 会員登録いただくと、当サイトのコンテンツ…

おすすめ記事

  1. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  2. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 …
  3. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  4. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに…
  5. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 …

ピックアップ記事

  1. もし商材選びに行き詰まりを感じていたら、お薦めしたい方法があります。 それは…
  2. 当サイトでは、業種ごとにどのような違いがあるかを順次紹介してまいります。 予定している記事内容…

最近の投稿

  1. セールスでは出身校や趣味などの共通点を探ることが効果的です。 これは、お客様に「…
  2. 売りたい!契約したい!という気持ちが先行すると、お客様の感覚を失いがち。 自分がお客さんだったらそ…
  3. 営業の基本とは、何でしょうか? ひとことで言うと「質問する」ことです。 例えば、今、手に…
ページ上部へ戻る