契約書は用意しておいた方が良いですか?

売りたい商品があるけれど、代理店として何か契約書のようなものは用意しておくべきだろうか?

みなさんが代理店さんの場合は、契約書の用意は不要です。
通常はメーカーさんが用意しています。

ただし、海外企業(メーカー)との代理店契約の場合は、専門家に契約書をチェックしてもらったり、(一次店として活動するなら)日本展開用の契約書を用意するなどが必要です。

【ご質問をお寄せください】
質疑応答コーナーではみなさまのご質問をお受けしております。送信ページはこちら
※頂戴したご質問は当サイトで紹介させていただく場合がございます(企業・商材は特定できないようにします)

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

    代理店ビジネス情報局では会員会員を募集しております。 ・これから代理店やフランチャイジーになる…

おすすめ記事

  1. 代理店になると、現在の収入に新たな収入源を加えることになるので非常に有益です。 一方で、次のリスク…
  2. 問題がないところで商品・サービスは売れません。 お客様が問題だと感じていないのに、商品やサービスを…
  3. メーカーと取引する際には、相手の会社情報を調べることをお勧めします。 これは信用調査や与信と呼ばれ…
  4. 良い製品/サービス、良いメーカーと出会うには、とにかく多くの情報を収集することをお勧めします。 …
  5. 代理店になりたいけれど、その商品や会社を選択するのが最善かどうか不安になります。 既存のお客様数社…

ピックアップ記事

  1. 代理店は、別の言い方として、販売代理店(販売店)、加盟店、委託店、特約店などとも呼ばれています。 …
  2. 時には儲かる、儲からないではなく、やりたいことを選んだ方が成功する。 この言葉を聞いて、みなさんど…

最近の投稿

  1. マーケット(市場)という言葉を理解しておくと、セールスがもっと楽しく感じられるかも知れません。 …
  2. 飲食チェーン「赤から」のフランチャイジーとして成功されている株式会社KCL(東京都足立区:代表取締役…
  3. 飲食チェーン赤からのフランチャイズに加盟して成功されているプロスティ株式会社(茨城県つくば市:代表取…
ページ上部へ戻る