代理店のために名刺を作成するべきか?

代理店のために名刺を作ることがあると思います。
また、実際に代理店からそのような要望も出ます。

この際に注意しておきたい点がありますのでご紹介いたします。

あるメーカーさんの例です。

商品が個人でも扱えるものだったので個人代理店が多く出来ていきました。
個人で営業している方にとっては名刺がなければ売りづらい。
当然のように「名刺を作って欲しい」という要望が出ました。

メーカーは、メーカーの住所と電話番号で、個人ごとの名刺を用意することにして配布していました。
ところが、ある日、個人代理店の中の一人が自動車で交通事故を起こし、相手方に怪我をさせていましました。
この相手方からメーカーに損害賠償の訴状が届き事件が発覚。
事故を起こしたのは個人ですが、事故後に名刺を出して名乗ったため賠償の責任がメーカーに移ってしまったのです。

このようなことから、むやみに名刺を発行するべきではないと考えます。
詳しくは顧問弁護士などに相談して決定するようにしましょう。

無料相談はこちらから

関連記事

  1. 入会特典プレゼント中!<無料>会員にご登録ください

おすすめ記事

  1. これから代理店制度を構築しようとしている企業様からは同様のご質問をよく頂戴いたします。 この代理店…
  2. 代理店の仕組みを考える 代理店を活用した事業展開(代理店マーケティング)の成功の鍵は、「ビジネスモ…
  3. 代理店・FC(フランチャイズ)を増やしたい。 本部がそのように思う一方で、代理店・FCの立場では「…
  4. 独占禁止法については会員様からも多くのご相談を受けます。 今回、公正取引委員会にて独占禁止法につい…
  5. ご質問(全文) 代理店がなかなか商品を売ってくれません。 報奨金制度や販売数に応じて卸価格を下げる…

ピックアップ記事

  1. 日本初の弁護士費用保険「MIKATA」を開発。これまで日本にはなかったといえる弁護士費用保険…
  2. 代理店が増えない、あるいは、契約した代理店が売ってくれない、と感じている本部の方は、「モデル代理店」…

最近の投稿

  1. セールスツールの代表格は「チラシ」や「プレゼンシート」です。 ところがこれらを使いこなすには、知識…
  2. すでに本部として活動されている場合も、これから本部として活動される場合も、事例をまだまとめていないの…
  3. 代理店契約書、販売店契約書、パートナー契約書、業務委託契約書など、代理店活用時の契約書は様々。 近…
ページ上部へ戻る