代理店の募集件数を増やす方法

05.27

IT系コンサルテーションを行っている会社様からのご相談です。
代理店募集サイトで募集をしているが資料請求の件数が減ってきているのでどうしたら良いか、というご質問でした。

<協会からのアドバイス>
募集サイトを活用した資料請求の件数を増やす方法にはいくつかあります。

1)写真を変える
アイキャッチとなっている写真や説明用の写真を差し替えることで反響が大きく変わることがあります。
人を入れたり、商品・サービスを使っている写真、デザインされた商品ロゴなどを入れるのも良いでしょう。

2)タイトルを変える
写真と同じように一番大きく目に付くタイトルは大変重要です。
募集サイトのルールにもよりますが、「誰に売るのか」「どれくらい売れているものなのか」「どれくらい儲かるものなのか」「売りやすさはどうか(紹介するだけ!など)」など興味を引く内容もプラスすると良いでしょう。

3)他社と差別化しているポイントを入れる
たとえばウォーターサーバーなど、他社との違いが分かりづらい商品の場合、何が特長かを1つか2つに絞って掲載することをオススメします。
研修が充実している、報酬が高い、など何か特長がなければなかなか興味をもっていただくことはできないでしょう。

4)収益例を入れる
募集サイトのゴールは「資料を請求してもらうこと」ですので、商品内容を詳しく説明するよりもどれくらいの収益があるのかを優先的に示すべきです。
「月に3件売ればこれくらいの収益になります」という架空の話ではなく「通信商材を販売していた個人の方が独立して3ヶ月で月収50万円を達成しています」という具体的な事例の方が興味を持っていただける可能性が高まります。

5)新しく掲載しなおす
同じ商材での再掲載は難しいかも知れませんが、募集条件を変える、販売してもらうセット内容を変える、など新規掲載を行うのも手です。
一般的に、人気の高い商材は何ヶ月、何年経っても資料請求の件数は減らず、新規掲載から1ヶ月以内に件数が減る場合にはその後も増えることはあまり期待できません。

時代の流れや時事的な要素もありますが、エンドユーザーだけでなく、代理店さんのトレンドも見ながら募集を進めていきましょう。
協会では募集サイトの運営企業が3社相談員として控えていますのでお気軽にご相談ください。

※ご相談はこちらのフォームから受け付けております

関連記事

ページ上部へ戻る