小冊子を作る

11.18

説明会やコンサルティングなど、販売する前に、その商品・サービスの必要性を相手に啓蒙しなければ売れないものもあります。その場合には、小冊子の活用をご検討ください。

通常、少しでも興味がある分野のものであれば、役に立つ情報は長い文章でも読みます。これを小冊子という形にしておいて、見込客に渡すことで後日お問い合わせや注文が入るというものです。

代理店は、代理店契約をしてすぐにプロとしてお客様に接しなければいけませんが、このようなツールを使うことで余計なことを説明しなくても良くなり、売りやすくなります。

また、小冊子は、それ自体が代理店に対しての教育ツールにもなります。

最近では原稿を用意すれば漫画にしてくれるてくれるサービスもありますので、対象客によっては活字ではなく漫画の小冊子もいいかも知れません。


会員登録で全マニュアルをダウンロードいただけます。無料会員登録はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る