記事一覧

ビジネスは「前後/左右」で考える

代理店展開や営業先を見つける時に活用できる考えを紹介したい。
図に示すと分かりやすいので「前後/左右」と名付けている。

例えば、代理店展開で見てみよう。

個人宅に売りたい商品を、地域の新聞配達店に扱ってもらいたいと考えたとする。
しかし、新聞配達店は新聞の配達先を増やすことが売上増に結びつくので、配達先が増える提案をしてあげなければならない。
仮に代理店になってくれたとしても、良い提案がなければ売上につながりません。

「前後/左右」は、図のように、真ん中に自社商品、矢印を縦横に描きます。
そして以下のように他社商品・サービスを書き出していきます。

前:自社商品を買う前に顧客は何を買うか?
後:自社商品を買った後に顧客は何を買うか?
左:自社商品と同時に顧客は何を買うか?(自社商品より安いもの)
右:自社商品と同時に顧客は何を買うか?(自社商品より高いもの)

出来るだけ書き出し、売ってくれそうな業界、困っている業界、アプローチしやすい業界、などポイント計算して優先順位をつけます。
あとは、手当たり次第アプローチして、検証。相手に刺されば、一生懸命売ってくれるパートナーになります。

営業先を見つける場合も、書き出した商品・サービスが誰がどういうタイミングで買っているかを考え、営業方法を発案・検証すると良いでしょう。
顧客の行動を先読みし、場所や情報源にアプローチすれば、販売数増が期待できます。

(文:理事長 佐藤康人)


日本代理店協会へのご相談・お問合せはこちらから

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP