セミナーを行う

十分な説明が必要な商品・サービスの場合は、毎回毎回お客様のところへ出向いて行って説明するのではなく、セミナーを行ってまとめて説明した方がいい場合があります。

貴社がセミナーを開催して、そこに代理店が見込客を招待してもいいですし、代理店が集客したセミナーに貴社がスピーカーとして登壇してもいいと思います。

インターネットの普及でなかなか情報に対して費用は払いづらくなってきましたが、セミナーとなると数千円から数万円のものまで、ネットだけでは分からない情報を得ようと積極的に参加する傾向があります。

もちろん、商品・サービスの説明セミナーでは、誰も来ませんので、貴社の商品・サービスを欲しがるお客様がどのような悩みをかかえているか、どんなことに関心を持っているかと、最終的に貴社の商品・サービスが売り込めるというテーマを考えてセミナーを開催する必要があります。

これでパターン化できるようであれば、代理店にも教えて、代理店が自分でセミナーを開催してお客様を見つけていくということができるようになります。

この手法で「不動産投資セミナー」を行い次々と高額なマンションを販売しているところもあります。主催しているのは不動産会社で集客しているのは代理店です。テーマと売りたいものが直結しているので非常に分かりやすい例だと思います。


会員登録で全マニュアルをダウンロードいただけます。会員登録はこちらから(初月は無料でご利用いただけます)

関連記事

  1. 代理店本部の作り方を学びませんか?

    日本代理店協会は「誰でも代理店の作り方を学べるようにしたい!」という想いで設立されました。 現…

おすすめ記事

  1. 2017年2月24日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  2. 2017年1月23日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  3. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  4. 2016年11月17日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。…
  5. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

イベントをチェック!

  1. 12月5日開催「第47回業務提携徹底活用セミナー」参加者募集

      代理店展開・フランチャイズ展開に通じる業務提携について以下のセミナーに日本代理店協会として共催…

JDA会員数

1,140社(名)
※2017年2月23日現在
ページ上部へ戻る