テスト販売を行う

02.24

代理店契約を行うのに、初期費用が必要だったり、研修が必要だったりと、ハードルが高めの場合、テスト販売を行える環境を用意してあげることをお薦めします。

テスト販売とは、例えば、パンフレットを用意してあげて、「今度、このような事業を行おうと思うんだけどどう思いますか?」ということを、代理店候補の現在のお客様や、取引先の経営者などに聞いてみてもらうことです。

その場で売れれば、100%代理店になりますし、売れなくても契約するかどうか一歩前進することになります。

あるいは実際に、会社や自宅の近所でポスティングしてもらって、「1枚でも反響があったら代理店契約しませんか?」と持ちかけるのもいいかも知れません。

代理店の立場にたって、お試しでどのような販売ができるかをメーカーとして用意してあげれば、より多くの代理店を構築することができるようになります。


会員登録で全マニュアルをダウンロードいただけます。無料会員登録はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る