電話をかけても話ができない

10.06

代理店募集サイトを使って資料請求者を集めても、電話が上手くできないと成果にはつながりません。
(ここでいう成果とは、代理店契約を取るということです)
 
実際に代理店を募集している企業に話を聞いてみると、代理店担当者が1人のところが多いようです。
電話をかけるスキルを見てみても決して十分とは言えません。
 
「資料をご覧いただけましたか?」
「私どもの仕事の内容は・・・」
 
話している内容はあまり問題なさそうです。
でも、契約が取れない。
ここには、当事者では気づかない問題があります。
 
一言でいうと「練習不足」です。
ロールプレイング(役割を演じて練習すること)を行わずに電話をかけるべきではありません。
 
まず、代理店の立場にたって考えてみましょう。
・突然知らない電話番号からかかってくる
・仕事は忙しい
・新しい商材を探している(興味がある)
・今すぐに代理店契約する必要はない
・もっと割のいい仕事をしたい
 
このような代理店に対して「ウチの商品はですね」と長時間説明してもなかなか契約には結びつきません。
また、代理店募集サイトですから、ほかにも資料請求している可能性が十分あります。
 
電話をかける目的は次のように絞るべきです。
・仕事の内容をヒアリングする(審査するという意味も含まれます)
・相手の状況を理解し、自社の商材を販売するべきかをアドバイスする
・販売すべきと判断した場合、1ヶ月の活動内容、売上・利益の目安を伝える
・興味があるかを聞く
・詳しい話をするので、面談や事業説明会の案内をしていいか聞く
・次回、いつまでに誰が何をするのか約束する
 
※電話のかけ方などは、入会特典のダウンロード資料にもありますので、そちらもご確認ください

関連記事

ページ上部へ戻る