FAQ

テストはどのようにすればいいですか?

代理店契約を増やしても、売れない代理店ばかりができてしまっては管理コストが上がってしまい収益を圧迫します。
協会ではその際にテストを行うことを推奨しています。

テストは、契約前に行うもの、契約後に行うものなど、契約のフローや業種業態により最適なものを考えてください。
ただ単純に知識のレベルを図るテストをすればいいということではありません。
ここで知りたいのは「本当に売れる代理店かどうか」です。
もしくは「必要とするスキル(報告書作成など)が備わっているかを知りたい」という会社さんもあるでしょう。

売れるかどうかを図るためには、
・見込客リストを作成させる(例:リストに対して攻め方を一緒に考え、実行できそうなら契約)
・見込客を獲得してくる(例:テストマーケティング用のチラシを渡して仮申込を取ってきてもらう)
・契約後にノルマを課す(例:契約後1ヶ月の間に5件契約できないと契約解除)

実務レベルを図るためには、
・メールで申込フォームを提出させる(例:Excelのレベルを図る、納期が守れるか、作成のスピードなどをチェックする)
・報告書を提出させる(例:契約後に必要な写真撮影や現場の簡単な図面などを作成できるかテストする)
・営業報告させる(例:1週間の仮営業のようすを項目を決めておきメールで提出させる)

一回で決めてしまわなくても大丈夫。変更しながらどうすればベストなテスト制度が作れるかを考えていきましょう。

加盟金(初期費用)はいくらにするのがいいですか?

加盟金は代理店を増やすにあたって最も重要な項目といえます。
無料にすれば100万円を超す場合に比べて30〜40倍は反響があります。
しかし、重要なのはその中身です。
代理店希望者が公正妥当だと思える内容と金額を設定しましょう。

研修費用、サンプルセット、什器備品代、エリア権利金、など、貴社の代理店になって成功するためにはどのような準備が必要かを考え、料金も設定しましょう。
冷やかしを防ぎたいからと、価値を感じられない権利金を設定すると失敗します。
また、よく見かけますが、営業ツール一式いくらと言っているのに、チラシが売れそうになかったり、パワーポイントのデータだけというのはいけません。
きちんと写真でその料金の価値を示せなければ料金に違和感を感じて結局は契約に至りませんので注意が必要です。

代理店が売ってくれない

代理店に思うように販売してもらえない場合は次のような原因が考えられます。
1.売り方を教えていない (もしくは不十分)
2.他社との差別化ができていない
3.報酬が少なすぎて販売するメリットが少ない
4.業務内容が難しすぎる
5.販売ツールが充実していない(会社の信用などにもつながります)
一つ一つ改善していかなければなりませんが、代理店の声に耳を傾けてできるだけ迅速に改善していくことで、成果を出していくことができます。

個人事業主でも代理店を募集することはできますか?

信用の面から法人登記していない場合で代理店募集は推奨しておりません。
お客様だけでなく代理店候補者からも信頼を得られないと考えますので法人登記を行い、代理店を作る体制(人員、資金等)を整えてから募集されることをお薦めいたします。

代理店が代理店候補を紹介してきた場合どうすればいいですか?

代理店が営業をしている時に、そのお客様が代理店になりたいということが起こります。
このようなことが起こりうる商品・サービスの場合は、一度販売した後に代理店への卸価格が発覚すると面倒なことになります。

この場合のトラブル回避のため、代理店には定価で購入いただくようにすることをお薦めいたします。
こうすることで、代理店が販売した先のお客様が、購入した後に「代理店になりたい」と言ってきてもディスカウントする必要はありませんし、販売した代理店もフィーを失うことはありません。

事業を始めたばかりでも代理店を募集できますか?

募集すること自体はできますし、実際に代理店を作ることもできます。
しかしながら、売り方が分かっていない段階で募集をしても、売れない代理店を数多く作ってしまうことになり代理店にとっても不利益です。

結果として事業は大きく出来ないことが予想されるため、まずは自社での販売実績を作ってから募集されることをお薦めしております。

FAQよくある質問