記事一覧

成功事例:純米大吟醸「獺祭」(旭酒造株式会社)

日本で、世界で、破竹の勢いで市場を開拓している純米大吟醸「獺祭」(だっさい)。
もしこの成功の秘密を自社に取り入れることができれば、同じような大成功を手に入れられるはず!
知られざる成功の秘密。事業拡大の経緯。代理店との関わり。など。
メーカー・代理店・FC本部必見の内容です。
 
成功事例:純米大吟醸「獺祭」(だっさい)
商品と市場の発想を転換し、日本を代表する酒メーカーに

 
もくじ
Ⅰ 純米大吟醸「獺祭」とは
Ⅱ 地元の弱者から日本を代表する企業に
Ⅲ 商品と市場の発想を転換
Ⅳ 卸との関係を捨て直接代理店取引を
Ⅴ 代理店に何を伝えていくのか
Ⅵ 広告費は使わず商品に回す
Ⅶ 海外進出を含めた今後の展開
Ⅷ まとめ

  普段日本酒を飲まなくても、獺祭(だっさい)という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。幻の酒、高級酒、世界進出に成功している酒、などがみなさんのイメージではないでしょうか。

 製造しているのは旭酒造株式会社。山口県の山奥に本社と製造工場がある社員・パートを併せて100名程の会社です。国内では約750の代理店(酒屋や飲食店)が獺祭を扱い、海外には20ヶ国に進出中。元は1770年から酒造りを続けてきた酒蔵で、旭酒造となって3代目の桜井社長が指揮を取ります。

 獺祭は、安倍晋三首相がオバマ米大統領やプーチン露大統領にプレゼントしたことでも知られます。現在の世界中での日本酒ブームも獺祭がリードしてきました。日本を代表する酒、日本を代表する酒メーカーとなっている一方、国内では人気が出すぎて手に入らないことや、1本3万円以上する商品もあることから、幻の酒というイメージが強い。

 原料には最高級品の山田錦を酒米として使用し、50%以下に磨いて(精米)作る。50%以下のものは純米大吟醸という分類になり、旭酒造ではそれ以外の酒は基本的には造らない。磨けば磨くほど雑味がなくなり…..

全文のダウンロードはこちら
成功事例:純米大吟醸「獺祭」

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP