代理店にパンフレットが分かりづらいと言われた。さてどうする?

02.03

メーカーが作成したパンフレットが、営業に長けている代理店に受け入れられない場合があります。
モノづくりの企業の多くは、プロモーションに苦手意識を持っています。

ところが、印刷コストは2,000部刷っても、5,000部刷っても、金額に大きな違いはありません。
そのため、大量にパンフレットの在庫を持ってしまっているメーカーが少なくありません。

このような状況で代理店から「パンフレットが分かりづらいので作り直して欲しい」と言われたらどうしたら良いでしょうか?

お薦めしているのは、在庫は全て廃棄して新しいパンフレットを作る、ことです。

1つの代理店が売りづらい、と言っているなら、そのパンフレットは多くの代理店が使っていないということが推察できます。
つまり「売っていない」という可能性が非常に高いです。
メーカーとしては、売ってくれているという認識があるので、ここに誤解・錯覚が生じています。

パンフレットを2度3度使って、お客様の反応が悪ければ、自分で資料を作り直すか、パンフレットを使わずに営業を始めてしまいます。
もちろん、勝手に作った資料で営業されてはメーカーとしてのリスクが増えます。
当然、資料の事前チェック・承認は必要です。
 
 
それから、パンフレットと営業トークは、セットになっているべきです。

ごちゃごちゃと文字ばかり多くて、営業(代理店)が使いづらいパンフレットを非常に多く目にします。
大手企業が作るパンフレットを参考にしましょう。
お客様の層が同じ、異業種のパンフレットも参考になります。

信頼を得られるパンフレット。
見やすいパンフレット。
理解しやすい流れになっているパンフレット。
そして、
「欲しい!」と思えるパンフレット。

これだ、というパンフレットができ上がるまでは、パワーポイントなどの資料で試行錯誤するのも良いでしょう。

是非、代理店と一緒に作戦会議を開きながら、貴社に最適なパンフレットをできるだけ早く完成させましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る