活動報告

視察

展示会「CES 2018 in ラスベガス」を視察してまいりました

2018年1月9日~12日まで開催された「CES 2018」を視察してまいりました。
CESとは、消費者テクノロジービジネスに取り組んでいる世界中の人々が集まる展示会。日本からも毎年4,000人以上が来ているといわれています。
日本企業は大手企業のみならず中小・ベンチャー企業も少数ですが出展していて世界進出の足掛かりにしています。


会場内ではありませんが、ベラージオでのドローンショー(後半ざわつくところは必見です)


全4会場で開催。会場間はバス移動。ラスベガス全体が展示会会場の様相。大手企業は巨大ブースを構える。


中小・ベンチャーが集まる会場には世界中からアイデア製品が集まる。


ドローンだけでなく各種ロボット関連テクノロジーも。


巡回ロボットは人型にこだわらない製品も。


メディアも世界中から集まります。個人Youtuberも多く見受けられました。


乗れるスーツケース。


展示方法もあの手この手で。こちらは紛失防止関連製品。


未来を感じさせるような製品・サービスが多数出展。


車関連はひときわにぎわっているように感じました。


こちらは顔認証技術のブース。似ている歴史上の人物(絵画)を教えてくれました。

次年度以降で出店や視察を希望される場合は当協会にご相談ください。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP