自国以外の代理店権利を取得

2017-2-9

マクニカネットワークス株式会社(神奈川県横浜市)が米国Exabeam社と代理店契約を締結。
日本、台湾では総代理店契約、中国では代理店契約を締結した。

同社は東証一部上場の株式会社マクニカが100%出資する子会社で、世界の優れた製品やサービスを提供する技術商社として事業を展開。
今回の代理店契約は、米国のユニークな技術で販売先を拡大する狙いがあると思われる。
特長としては自国だけでなく、台湾と中国での販売する権利も取得している点。積極的な海外展開を行う際に他国の代理店になるという手法に注目したい。

  1. 代理店本部の作り方を学びませんか?

    日本代理店協会は「誰でも代理店の作り方を学べるようにしたい!」という想いで設立されました。 現…

おすすめ記事

  1. 2017年2月24日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  2. 2017年1月23日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  3. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  4. 2016年11月17日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。…
  5. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

イベントをチェック!

  1. 8月25日開催「代理店構築 体験セミナー」参加者募集

      販売パートナー(代理店)を見つけて短期間で事業を大きくしている企業があります。 日々やること…

JDA会員数

1,140社(名)
※2017年2月23日現在
ページ上部へ戻る