説明会を行う

ビジネスの中には、募集文書を読んでもらっただけでは理解が不十分で、説明会を行わなければ契約に至らないものもあります。また、募集文書を読んだだけでも契約になるが、より多くの代理店を作るために、別途説明会を設ける場合もあります。

私は、最低でも月に1回は代理店説明会を行うことをお薦めしています。これには、いくつか理由がありますが、第一の理由は、代理店候補に連絡を取る口実になるということです。

代理店に興味をもってもらったところに、毎回「どうですか?」と聞くのは、代理店担当者にとってはつらいものです。そのうちに連絡が取りづらくなっていつの間にか消滅してしまいます。説明会を行えば、「○月○日に説明会があるのですがご都合いかがですか?」と気軽に電話をかけることができます。

毎月、説明会を行うのであれば、月に1回は電話やメール、FAXで連絡を取る口実がつくれるということです。

説明会を毎月行っていただきたい第二の理由は、メーカーのレベルアップのためです。説明会をやると決めたらその日に向かって資料を準備したり、リハーサルをしたりします。社長以下、多くの人が説明会を成功させるために活動します。

極端な話。参加者が集まらず、リハーサルだけで終わったとしても、情報交換やノウハウの共有になりますので無駄にはなりません。説明会の進行役、説明会のメイン説明者、クロージングするためのスタッフなど、全員のレベルが毎月向上していきます。

もちろん、説明会が行われれば、参加者のうち何割かは代理店契約になりますので、やらないよりやった方がいいです。ただし、内容を良く考えて行わなければ何度やっても代理店はできません。

理想は、商品・サービスの説明、このビジネスをやる魅力、販売の方法、契約までの流れを説明し、そのままデモや質疑応答を行って、納得がいくまで話ができれば、いい説明会です。この時に、成功している先輩代理店が登場して一緒に頑張りましょうと握手をすればこれ以上のものはありません。

説明会の内容に関しては、第四章「募集文書を作る」の各項目も参考にしてください。

わざわざ足を運んで来てもらう説明会ですから、全員が満足して、1社でも多く契約してもらえるように、映像を駆使するなど、貴社ができる最高の説明会を行うようにしてください。


会員登録で全マニュアルをダウンロードいただけます。会員登録はこちらから(初月は無料でご利用いただけます)

関連記事

  1. 代理店本部の作り方を学びませんか?

    日本代理店協会は「誰でも代理店の作り方を学べるようにしたい!」という想いで設立されました。 現…

おすすめ記事

  1. 2017年2月24日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  2. 2017年1月23日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  3. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  4. 2016年11月17日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。…
  5. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

イベントをチェック!

  1. 12月5日開催「第47回業務提携徹底活用セミナー」参加者募集

      代理店展開・フランチャイズ展開に通じる業務提携について以下のセミナーに日本代理店協会として共催…

JDA会員数

1,140社(名)
※2017年2月23日現在
ページ上部へ戻る