記事一覧

「売れる流れを作る」代理店構築マニュアルより

代理店の募集がうまくいって、代理店の数が増えても、売上につながなければ意味がありません。多くのメーカーが失敗するのは、代理店がどうやって売ればいいのかを準備していないから。つまり、売り方は代理店に任せますというメーカーは必ずといっていいほど失敗しています。

一番いいのは、メーカー自身が、どうすれば売れるかという「売れる流れ」を発見してそれを代理店に教えてあげるという方法です。

もしそれが分からなくても、代理店と一緒になって「売れる流れ」を早く発見して、他の代理店に教えてあげる必要があります。

間違っても「ウチはメーカーだから売り方は分からない。代理店に任せます。」なんていってはいけません。これでは誰もついてきません。本当に分からなくても分かったふりをし「こうすれば売れる」と言われたほうが代理店は安心します。

「売れる流れ」というのは、見込客の探し方、広告の打ち方、電話のかけ方、プレゼンテーションのやり方、デモのやり方、クロージングのやり方、注文のとり方、など、何をすればいいかのすべてです。そして、そのために必要なパンフレットや資料、マニュアルなども準備しておかなければなりません。

反対の立場にたてば良く分かると思います。この商品・サービスを売りたいと思っても、パンフレットがなかったり、注文書や、契約書など、必要なものが整っていなければ、代理店契約はしませんよね?そういう準備ができていないなら、売りづらいですし、そもそも、そういう会社の代理店になってもいいか不安になります。ですから準備は重要です。

代理店になりたいという法人・個人に対して、自信をもって説明できるような「売れる流れ」を考え、そのために必要なものを用意してください。それがあれば、代理店募集で多くの代理店を獲得できますし、最終的な売上にもつながります。


「代理店構築マニュアル」について
一般社団法人日本代理店協会では、代理店に関する各種情報を無料・有料に提供しております。
詳しくは入会案内をご覧ください。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP