管理費用を決める

メーカーは代理店を管理するのですから、管理費用がかかっています。具体的には、代理店を募集するための費用、代理店を教育するための費用、代理店の報酬を計算するための費用、代理店へ報酬を支払うための費用、それらの業務に関わる人件費や設備費など。

それらの費用を代理店の数で割って請求したいところですが、売ってもらっている立場としては、請求しづらいところです。

そこで、妥当と思える金額を管理費として設定する方法をご紹介します。代理店が管理画面を使えるようにしたり、ホームページを用意してあげるならば月額1万円~5万円くらいは請求できるかも知れません。毎月、代理店担当者が訪問して、教育をしっかりする、ということなら、数十万円請求できるかも知れません。

一般的に…


会員登録で全マニュアルをダウンロードいただけます。会員登録はこちらから(初月は無料でご利用いただけます)

関連記事

  1. 代理店本部の作り方を学びませんか?

    日本代理店協会は「誰でも代理店の作り方を学べるようにしたい!」という想いで設立されました。 現…

おすすめ記事

  1. 2017年2月24日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  2. 2017年1月23日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  3. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  4. 2016年11月17日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。…
  5. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

イベントをチェック!

  1. 12月5日開催「第47回業務提携徹底活用セミナー」参加者募集

      代理店展開・フランチャイズ展開に通じる業務提携について以下のセミナーに日本代理店協会として共催…

JDA会員数

1,140社(名)
※2017年2月23日現在
ページ上部へ戻る