プッシュ型の戦略

ニーズがないところに「代理店になりませんか?」と持ちかけるのがプッシュ型です。売上につながりやすい反面、魅力的な提案をしなければ時間と費用が無駄になります。

代理店になってもらうためには、次のような項目を提案する必要があります。また、相手によっては「代理店」という名称を使わず、「業務提携」「タイアップ」「ジョイントベンチャー」などの企画として持ち込む方が良い場合もあります。

1)その会社の商品・サービスと競合しないということを明確にする
どんなに良い提案でも、自社の顧客を横取りされると感じたら交渉は決裂します。まず始めに競合しないということを明らかにし、こちらの条件を聞いてもらう体制を作る必要あります。 

2)今の顧客や、顧客にならなかったリストを活かすことで…


続きは代理店構築マニュアルをご覧ください(無料会員登録後、会員ページよりご覧いただけます)

関連記事

  1. 代理店本部の作り方を学びませんか?

    日本代理店協会は「誰でも代理店の作り方を学べるようにしたい!」という想いで設立されました。 現…

おすすめ記事

  1. 2017年2月24日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  2. 2017年1月23日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。協…
  3. 加盟会員様へ行ったテレアポ指導の内容をレポートとしてまとめました。加盟店開発だけでなく、代理店への営…
  4. 2016年11月17日に開催された「代理店・FC本部実務者会議」の内容をレポートとしてまとめました。…
  5. 代理店やフランチャイズ(以下、代理店)事業を拡大させていくためには、常に新規代理店を獲得していく必要…

イベントをチェック!

  1. 12月5日開催「第47回業務提携徹底活用セミナー」参加者募集

      代理店展開・フランチャイズ展開に通じる業務提携について以下のセミナーに日本代理店協会として共催…

JDA会員数

1,140社(名)
※2017年2月23日現在
ページ上部へ戻る