記事一覧

FOBとは

海外の代理店に輸出したり、海外製品の代理店(日本総代理店)になると「輸出入」の知識が必要になります。
FOBとは、Free on Boardの略で日本語では「本船渡し条件」「本船渡」と呼ばれています。

これは、メーカーが工場から海外輸送のための船(本船)に積み込むまでの費用を負担するという条件です。
この中には、国内の輸送費のほか、税関保税蔵置場でかかる輸出検査費、輸出梱包費、輸出通関費が含まれます。

船に積み込んだ後は、海外の代理店側が、運賃と保険料(リスクは代理店側)を負担することになります。

コンテナ積みの場合は責任範囲が変わり、配送業者に引き渡す(運送ターミナル)までがメーカー側の責任になります。
この場合はFCA(Free Carrier、運送人渡条件)といいます。

このように、費用をどちらがどこまで負担するか、責任はどちらにあるか(積荷が破損、紛失するなど)は、国内ではあまり意識されませんが海外との取引では非常に重要になります。
海外とのやり取りでは、商品が紛失したり税関で何日も足止めされるというケースが少なくないので、こうしたリスクも考慮したうえで条件交渉・契約締結をする必要があります。

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP