記事一覧

代理店を使って新規会員を増やす方法

スポーツ関連のビジネスを手がけている営業責任者様からのご相談です。
有料の会員制ビジネスで3,000名近く会員がいるけれども、紹介していただける方をどうすれば増やせるだろうか?というご相談でした。

<協会からのアドバイス>
ショップなど会員候補が集まる場所があるので、そのスペースを有効活用すべきというお話をさせていただきました。

方法としては、会員案内用のパンフレットを作っておき、そのパンフレットを設置いただく代理店を増やしていくという方法です。
名称は紹介代理店がしっくりくると思います。

その会社様のホームページを拝見したところ、デザインや内容的にはどちらかというと分かりづらいものでした。
その状態で3,000名の会員を獲得できているということは潜在的なニーズは非常に高い。
もっと分かりやすいパンフレットを作り、設置すれば、自動的に会員を獲得できるという仕組みが出来上がります。

また、こうしたパンフレットには設置店のスタンプを押すスペースを設けることもありますが、
紹介するだけで問い合わせ対応などもしないため、そうした欄を省き、キャンペーンコードという欄を設けるよう提案しました。

通常の申し込みルートよりもいくらか割引をして(=キャンペーン)、
パンフレットに記入してFAXで申し込みをしてもらうという流れを作ります。
このキャンペーンコード欄には、紹介代理店に振るコードを手書きで記入してもらいます。

代理店制度をスタートする時は、費用をかけてパンフレットを大量に刷ってしまうケースを多く見かけますが、
効果が上がるか分からないため、できるだけ少なく。
また、代理店さんが手書きでコードを書き込みようにしておけば本部としての手間も軽減されます。
(パンフレット代をいただいて、個別に印刷発注するという方法もあります)

今回の例は、店舗に設置する仕組みでしたが、その他にも応用できるヒントになると思います。
是非、パンフレットの有効活用を検討されてはいかがでしょうか?

※ご相談はこちらのフォームから受け付けております

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP